【Vir26】乙女座26度『次世代を担うもの』

サビアンシンボル乙女26度
『A boy with a censer』
香炉を持つ少年

サビアンシンボル解釈

香炉が出てきますね。

25度からの繋がりは宗教儀式と感じます。

この香炉ってとんな感じなのか、どういった時に使うのか、その辺りをWikipedia さんから読んでみましょう。

画像もありますので、イメージが伝わりやすいと思います。

Wikipedia 振り香炉

少年がこの香炉を持つ周りは、主教・祭司輔祭といった方々ですから、少年にとっては周りはみな大人たちです。

緊張もありますし身近で儀式を見れるといった特権もあります。

側で見れるのは、その方々との接点が近くになり、受け取り方も違いますし、自分もその役割に参加している事を強く意識します。

そう大人たちと一緒に儀式を遂行させている責任と自分が信仰している宗教儀式ですから、畏怖の念を感じますし、何かに守られている感じもするでしょう。

経路の清々しさを感じるかも知れませんし、一体化の体験をするかも知れません。

蟹座の水のエレメントの融合し形を変えて、昇華させる感じを感じさせます。

これは香にも通じていまして、お香は祈りですとか、深い崇敬の念というイメージがありますから、それを天に届けるという意味で昇華の意味と繋がりますね。

25度でひとつの世界の区切りがありました。

それはまた、天からの日(陽光)となり私たちに光をもたらすものになるという、イエスキリストという隠れたサビアンシンボルの意味もあります。

その想いをこの香炉で、しかも少年が持つ事で、純粋性と行動・成長という点を強調し、天に届けるといった意味が加わります。

25度の半旗から私たちの中に嵐が吹き荒れる事もあるでしょう。

ショックが入り混じりますが、それはまた私たちの中にあるものを開花させる為のもの。

この香炉で心を静め香りで慰められて、
その想いに気づく、そんな感じにも受け取れます。

26度からは、次の星座の準備をかねていますから、世代交代の準備という事で、少年が香炉を持っているのかも知れません。

ドデカテモリーは双子座から蟹座とうつりました。

少年が蟹座という内面や責任という器を形成する時期とも考えられます。

大人になる時、この少年時代の香炉を持った時を思い起こし、新たな時代を作るとも考えられます。

少年時代という多感な時期に、もうひとつ乙女座という気質を盛り上げて、という意味もあるでしょう。

奉仕活動をする根本の想いや、仕事に対しての想い。

それらをこの特権にあずかった感謝と共に、成長していく感じもします。

この少年が選ばれたというのは、謙遜さや従順性・そして純粋な想いを他の方々が感じ取っていたという事です。

意外とみんな見ているものです。笑

もちろん目に見えない存在の方々も。

また、お香は室内に充満しますから、清めのイメージもありますね。

この室内が身体とするならば、体内の浄化を意味します。

ひとりひとりの想いを浄化し、一体化させる意味もあります。

それはいつもニュートラルな状態に保つとも感じます。

そんな事を今回は感じました。

まとめ

サビアンシンボル乙女座26度は、
私たちは比喩的な少年のように謙遜に自分の役目を果たし、内面や責任の器を広げ、いつもクリアな状態で生活をするように伝えています。

そして、この多感な時期の想いを成長した段階で、次世代に活かすようにも励まされています。

常に変化はつきもので、流れについていくのが難儀だと感じるかも知れませんが、『香炉』という祈りや慰めで内観し、常に見えない存在と繋がっていて、一体化できるのだという事も暗に示しています。

乙女座26度のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

謙遜に物事に従事する人
神秘的な人・丁寧な人・祈りの人
儀式・伝統を受け継ぐ人・香しい人

イメージデータでオリジナルに感じてみる

少年
わんぱく・男・無邪気・可愛い・遊び・勢い・成長・力・活動的・外・笑顔・未経験

香炉(振り香炉・つり香炉)
香・成分・祈り・感謝・浄化・天・想い・器・鈴・見えない存在・一体化

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

天然の香りを嗅ぐ。笑

マイナスイオンを感じてみる。

静かな場所、そうですね美術館ですとかに足を運んで、雰囲気を味わうのもいいかも。

神社でもいいですね・・

自分が足を運びやすい静かな場所で、
その空気感を感じてみる。
そして一体感を味わう。

鐘の音色を聴くのも、落ち着いていいと思います。

お手伝いもいいですね。

気になるシンボルの意味


香炉
今回の香炉は振り香炉(つり香炉)でしょうか。

透視家がどのような香炉を感じ取ったのかはわかりませんが、Wikipedia さんにあるような香炉だとしますと、鈴がついていますね。

鈴は知らせるという意味、音は波動のイメージがあります。

アスペクト対比120度
牡牛座26度『恋人にセレナーデを歌うスペイン人』や、
山羊座26度『水の精』と関連しそうなので挙げてみました。

まだまだ関連はありそうです!

これはあくまでも一例です。

10天体を乙女座26度で感じてみる

太陽
神聖な雰囲気


透き通る・平安

水星
静まりかえり、その中で知性が育まれる

金星
香りのはなが咲きほこる

火星
意図が天と地と香にて繋がる

木星
各々の祈りが各々の形で舞う

土星
神聖な空気を心の中までも、そして統一する

天王星
香りのビフォーアフター

海王星
次元を超えるような心地感

冥王星
奥深くまで浸透し、一瞬にて変容し、
元には戻らない香り

ドデカテモリー

蟹座

区分から感じてみる

大元の星座 乙女座
女性性・柔軟宮・土

ドデカテモリー 蟹座
女性性・活動宮・水

固体は水蒸気となり見えなくなる。
香りは香炉の中には固体として存在しますが、空中では見えない存在となります。

それはあたかも波動の変化のように、
天に届くように私たちの想いがその天の領域に入れるような姿となるような。

そんな水のエレメントであり、活動宮とも言えますね。

あなたも意識の変化を感じ波動が変化するという意味にも感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です