【Vir14】乙女座14度『いつでも経路は繋がっている』

サビアンシンボル乙女14度
『A family tree』
家系図

サビアンシンボル解釈

乙女座14度に入ります。

家系図と訳した『a family tree』には、家系図や系図という意味があるようです。

ですので、家系図そのものにも意味がありますが、『図』としてのイメージや『系図』といった範囲もイメージしながら今回は解釈していきたいと思います。

まず家系図となれば、遺伝的要素がイメージできます。

脈々と続く先祖からの繋がり。

家系図ともなれば、家という括りで管理され○○家ではどんな人が有名だったですとか、元貴族ですとか、割とこの世て活躍したものが注目されます。

その子孫で、レッテルも貼られやすくもあり。

ということは乙女座14度は分類する・されるという管理要素を経験する度数だと言えます。

○○家だからこうしなくてはいけないですとか、常に見られる立場の人も多いでしょう。

その中で自分はどうふる舞うかも問われます。

『系図』なら、○○伝統の技を受け継ぐものという感じがします。

精神・技能など、血統に拘らない分類方法ですね。

これも家系図と同じ意味があります。

生態系の系図もあるでしょう。

あちらこちらで○○科○○という系図をよく見たり聞いたりと、そんな『系図』もこのサビアンシンボルには含まれていると感じます。

全ては分類しやすく管理しやすく、乙女座の仕事の能力を遺憾なく発揮出来るように、きちんときめ細やかなものに作り上げられていますね。

これは続く15度にも関連してきます。

そうした流れとはまた別に上に書きました『図』としてのイメージもこのサビアンシンボルにはあります。

『図』この系図の図はシンプルで綺麗な図。

このシンプルさは潔さにも繋がり、これも乙女座の気質にはあります。

分類作業という細かい作業もクリアするストイックさも乙女座。

また図は全体を見渡すというイメージもありますね。

ドデカテモリー水瓶座の俯瞰的視野でしょうか。

また、目に見る事によって、頭の整理整頓も兼ねますので、そんなところも乙女座の気質が見えてきます。

さらに『ファミリーツリー』と英語で言うだけあって、樹を思い起こさせます。

樹の根や樹の枝ぶりみたいな。
末端までというイメージです。

それはまた神経経路図や回路図にも見えてきます。

例えば、トップに自分のご先祖さま有名人でもいいですが書いたとします。

そして家系図を書いていき自分の存在を書いたとします。

では自分の場所からそれを遡り鉛筆でご先祖様を線で辿っていきますと、途切れる事なくそこに行き当たりますよね。

『一本の線で確実に繋がる』という点がポイントです。

家系図・系図は比喩的ですし小さな括りです。

が、もっと大きなファミリーツリーを想い起こして下さい。

そうしますと、トップは誰になりますか?

見えない存在の人間よりももっと知恵がある存在にぶち当たるのではないでしょうか。

ということは、誰にも邪魔されないでその見えないものからの流れやインスピレーションは私たちに届くという意味も示唆しています。

宇宙秩序の法則でダメな場合ももちろんありますが・・・

強行手段で回路を整えられたりもする場合もあるでしょう。

そして私たちに最適なエネルギーや情報を流して活力を見出してくれるという風に感じ取れます。

そして私たちの能力により、手は手を足は足の能力を遺憾なく発揮するように、私たちもそれぞれの持ち味(DNAの持ち味も含む)に従っていきましょうとサビアンシンボルは伝えているように感じます。

そう、家系図・系図が違えばその活かす能力も違いますよね。

そしてその能力に対してきちんと管理して、上(目に見えない存在)からくる『電気』が流れやすいように、また受け継がれたDNAを活かせるように整えておく事も重要だと感じます。

まとめ

サビアンシンボル14度は、
家系図・系図に見られる図は、高度な分類作業・管理要素・整理整頓に繋がり、仕事の効率や仕事に対する細やかな配慮をする乙女座らしい気質を発揮させています。

また大きく広げてみますと、
上(目に見えない存在)からの経路を家系図・系図という表現を用いて、いつでも繋がっていますし、あなたに眠る素晴らしいDNAは繋がっているのですよと伝えています。

乙女座14度のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

細やかな配慮・管理能力・分類作業が得意・テキパキ・ストイック

イメージデータでオリジナルに感じてみる

家系図
トップと末端・経路・電気回路・精神・系統・霊的な家系図・頭・インスピレーション・ONOFF・修復・配慮・分類

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

そうですね、分類が得意な人は今日は張り切ってエクセルなんかで分類表をつくちゃいましょうか。
ラベル作ったりも良さそう。

それか家計簿パチパチ。
旅行の計画ってのもあり。
無駄のないスムーズな計画を作るって大変ですが、先に旅行の計画があるなら、今日ちょと立ててみるなんて良さそう。

あと整理整頓もありましたから、今日は一手間かけてやってみるとか。

それも嫌だなーなんて思うなら、近所の公園へ樹を見に行く。笑

ファミリーツリーですからね。笑

ご先祖さまを思い起こすのもいいですね。
あんな癖こんな癖、似てるわ!って思い出すかも?!

気になるシンボルの意味


家系図

ここで出てくる家系図・系図には、もちろんこの世での目立つ人の家系図や系図などの意味があるでしょう。

ではなぜ14度に家系図が出てきたのでしょうか。

前回13度と14度には聖書的意味合いがあります。

13度には直接には書きませんでしたが、霊的意味で政治ヒステリーの存在がイエスの時代にあった宗教指導者たちそれに追随した人たちではないかと感じました。

ですので、政治的ヒステリーなこの世での物質的欺瞞に満ちたもの(偏ったこの世の価値観を異常に奨励するもの)たちは、13度で『強い手』で制圧されて方向転換させられる事になります。

で、この14度は『家系図』並びに『血統に拘らない系図』はもっと大きな霊的なものの意味を含む『ファミリーツリー』と感じました。

霊的な系図は、その意思精神を汲み入れた系図も含みます。

聖母マリアの乙女座、アスペクトを見て、
乙女座14度の家系図は、霊的家系図・系図だと感じた次第です。

※サビアンシンボルは、以前にも書きましたが多重構造のように感じます。そしてそれが一見各個人様とは無関係に映るような意味のことも私は書いています。

霊的意味とか聖書的意味なんか関係ないよねと。
ある方は思っていらっしゃるかと。

しかしそこもサビアンシンボルから読み取れますし、イチ研究家としては伝えていきたいと思っていますので、ご了承下さい。

10天体を乙女座14度で感じてみる

太陽
トップから受け継ぐ能力


いつでも経路を思い起こす

水星
情報経路図

金星
ONOFF感性

火星
インスピレーション

木星
いつでもあなたは上と繋がり幸福に満ちたりる

土星
長い年月を繋ぐDNA。紛れもなくあなたの財産

天王星
霊的経路

海王星
全てはひとつ

冥王星
修復

ドデカテモリー

水瓶座

区分から感じてみる

大元の星座 乙女座
女性性・柔軟宮・土

ドデカテモリー 水瓶座
男性性・不動宮・風

風のエレメントから流れでた情報、流れの中でいくつもの人たちがそれを、また命を繋いできました。
今あなたが土のエレメントで育み、次へバトンを渡すのです。

バトンを渡すものがいなくても、心は上に還り、また繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です