【Tau24】牡牛座24度『自然の威厳』

サビアンシンボル牡牛座24度
『An mounted Indian with scalp locks』
馬にまたがったスカルプロックスしたインディアン

サビアンシンボル解釈

牡牛座23度 宝石店
インディアンが馬に乗っている姿は威厳に溢れていますね。

ずっと自然と共に暮らし、自然との共存をはかってきた部族です。

ここにインディアンが出てくるのは、自然と共存というキーワードで出ているのではないかと私は感じるのです。

インディアンは、自然の怖さや優しさを十分に知っています。

人は自然との調和を忘れがちになります。

牡牛座22度では、平和の象徴の鳩が出てきましたが、あれは人の心を指していました。
牡牛座22度『White dove over troubled waters』荒れた水の上を飛ぶ白い鳩

牡牛座23度は、磨かれた宝石で才能を磨きあげ、人もその宝石に見合ったうつわに成長させる事でした。
牡牛座23度『A jewelry shop』宝石店

しかし、真の平和や才能の輝きは、私たちがこの自然界と共存していく事で保たれます。

『scalp locks』なのですが、頭皮の部分を固めて髪の毛が邪魔にならないように束にしてくくったりして、インディアンが馬に乗る時の姿なのでは無いのかな?と感じます。

また、よく訳されている、『骸骨の締め具』もあるかも知れません。

どちらにしましても、私にはこの牡牛座24度のサビアンシンボルあるインディアンには、威厳さと自然や環境といったキーワードが浮かび上がります。

また、『scalp locks』については、

頭皮や髪の毛なら、第六感などの直感さを連想させます。

頭蓋骨なら、戦いとしての意味があり、部族を守るという意味が浮かび上がります。

さて、馬に目を向けましょうか。

馬は、本来優しい動物です。

しかし、敏感な気質から暴れてしまう事もあります。

私たちが優しく接すれば、馬はスリスリしてきます。

自然も厳しい事もありますが、豊かな恵みを与えてくれます。

また、インディアンが出てくる意味としましては、ドデカテモリー水瓶座の気質から考えますと、価値観の違いを認め、互いに認め合うという事も意味します。

お互いにテリトリーを守り合う。

私たちひとりひとりもお互いのテリトリーを守るとも意味するかも知れません。

20191006 追記

馬には戦いのイメージもあります。
それは上に書きましたように、お互いのテリトリーを守る為かも。

よく吟味されて解釈して下さい。

戦いというだけでのイメージを強調させないように・・

意味は複数あるからです。

牡牛座25度 大きくて手入れの行き届いた公共の公園

まとめ

サビアンシンボル牡牛座24度は、
価値観が違えどもお互いの領域を守る事を意味しています。

そうして、お互いの領域を守る事により、各々の平和や自然からの恵みを享受できるという意識もあります。

牡牛座24度のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

お互いの領域を守り合う人

イメージデータでオリジナルに感じてみる


走る・乗せる・人参・競争・尻尾・たてがみ・颯爽・ヒヅメ・軽快・草食・優しい・臆病・敏感・耳・睡眠・神格・征服・歯・白馬・背・高さ・本能・戦い

インディアン
自然界と調和・伝統・大地・恵み

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

私たちの地球なしには、どんなに気質を成長させようが私たちは滅びます。

自然は怖い時もあります。

しかし、恵みを受けているのも確かです。

そんな事を少し想いに留めて見られるのはいかがでしょうか。

気になるシンボルの意味



馬は昔は、高貴な人が乗るものでした。

そして走り方の美しさ、自由さも馬を見て見ますと、感じますね。

あと古代の戦いには馬は欠かせないものでした。

ですから美・高貴・自由・征服としての意味もあります。

性格として、臆病で、耳が発達していますので、音には非常に敏感です。

ですから、よく耳を動かしています。

草食動物ですし、人が優しく接しますと、スリスリしてきますね。

と、書いていますと思い出した事がありました。

私が馬がいる神社(奈良県)に遊びに行ったところ、掃除している巫女にスリスリしている白馬がいまして、甘えている姿が微笑ましく・・

絵馬にもなる馬ですし、世界的にも神馬伝説は存在しますね。

そう言ったところからも、神格の意味もあります。

群れで暮らす動物ですから、社会的な秩序を感じます。

と今感じて思いつくのはこれだけですが、まだまだ生態などや神話などを調べますと出てくるかと思います。

このサビアンシンボルでどの意味合いがあうかは、読み手の方の感じ方ですね。

私はインディアンが乗っている事で、神格を感じます。

威厳に満ちた風格をこのサビアンシンボルには感じます。

シンボルの意味を本などで直接探し出す事も出来ますが、私たちの先祖が感じた事をシンボル化していますなら、私たちも身近な動物なら、意味としては思いつきます。

どうぞ、そんな風にサビアンシンボルを感じて下さい。

きっとあなたらしくサビアンシンボルが解釈出来ると思います。

10天体を牡牛座24度で感じてみる

太陽
威厳に満ちた風格


敏感であり優しくもあり人懐っこい

水星
知性を磨き上げ、それを活かして察する力にする

金星
馬の美・聴覚に優れた感覚機能

火星
戦いをするほんとうの意味を感じ取る

木星
馬に乗り自由さとそこにある雄大さを感じながら、人の気質とは何かを考える

土星
自然と共存した月日から結果を見通す力を持つ

天王星
価値観の違いを認め、互いの居場所を持つ

海王星
価値観の違いをやんわりさせる心

冥王星
神馬に乗った王

ドデカテモリー

水瓶座

区分から感じてみる

大元の星座 牡牛座
女性性・不動宮・土

ドデカテモリー 水瓶座
男性性・不動宮・風

颯爽とした馬、風のエレメントのように敏感で、一歩引いて相手の動向を感じ取るります。

威厳に満ちたインディアンは、その風格から不動宮のどっしりした構えを感じます。

分析あれこれ

馬について、追加資料です。
獅子座23度に書きましたのでご覧下さい。
獅子座23度 裸馬の騎手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です