【Tau18】牡牛座18度『中身の整理』

サビアンシンボル牡牛座18度
『A woman holding a bag out of a window』
窓から外にカバンを出している女

サビアンシンボル解釈

牡牛座17度 剣と松明との間の戦い
牡牛座18度になりました。

窓が出てきます。

窓から外にカバンを出していますから、
室内の行動です。

窓は大きさがわかりませんが、開かれている状態です。

カバンも色や形・大きさなどは全て書かれていません。ショルダーバッグなのか、リュックサックなのか、はたまた、高級バッグなのかさえわかりません。

体験を通じて得れたものをカバンという比喩的な括りにして、外に出しています。

つまり開放ですね。

また、カバンといえば、旅と繋がり、そして思い出というものに繋がっていきます。

『カバン=思い出』

という図式が見えてくるかと思います。

そんな思い出を外に出してスッキリとし、新たな旅の思い出を詰める為に旅の準備もできますね。

牡牛座18度からは射手座に入り、キーワードには『旅』があります。

双子座にもありますが、壮大なスケールという括りの旅です。

また、カバンを外に出す時は、天候は晴れか曇りあたりだと思います。

虫干ししてまた取り入れて、旅に必要な物を入れる準備かも知れませんね。

窓に話を戻しますと、窓は室内の空気の入れ替えですとか、日差しを取り入れたりするものです。

室内が私たちの内面とすれば、空気の入れ替えで気持ちがリフレッシュしますね。

牡牛座17度で中間の戦いをして、どこかで緊張もほぐしたいですし、気分転換したいと思っているかも知れません。
牡牛座17度『A battle between the swords and the torches』剣と松明との間の戦い

そんな気持ちが『窓』という比喩的な意味から見えてきます。

また、カバンは荷物として扱われます。

荷物という表現の中には、煩わしいものという意味も感じます。

それを外に出しているというのも、気分転換のひとつなのだと感じます。

さらに牡牛座は守りたいという思いが強いです。

ですのでいろんなものを所有したくなるのです。

所有物は、『形あるものないもの』それぞれです。

ですから、そんな所有物をカバンという『形あるものと空間(中身は形のないもの)』として比喩的に使われています。

それを外に出して、所有するものをさっぱりとさせているのです。

女性ですから、それほど大きなカバンではなさそうです。

少し出して、少し出して、とそんな感じにも受け取れますね。

手放すのが得意でない牡牛座には、この方法がよいのではないかと思います。

牡牛座19度『A newly formed continent』新しく形成される大地

まとめ

サビアンシンボル牡牛座18度は、
体験したことをカバンに詰め、部屋という私たちの心から外に出します。

気分転換になりますし、新たな旅の準備にもなります。

また女性が出せるカバンですから、比較的軽いものだと思います。

手放しを少しずつしている様子も感じさせます。

牡牛座18度のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

少しずつ変化し、心に余裕を持たせる人

イメージデータでオリジナルに感じてみる


中から外へ・外から内へ・解放・ガラス・遮るもの・窓口・入口・憧れ・空気の入れ替え・日差し・異質・枠・飛び出る・インテリア・気晴らし・陽気・受け入れる・形・大きさ


離れる・脱出・別世界・未知の世界・新鮮・不安・希望・模索・光り・闇・出発・勇気

カバン
中身・袋・空っぽ・詰まっている・取っ手・荷物・大きさ・重さ・入れ物・自由自在・仕切り・肩掛け・色・形・思い出・リバーシブル・カンガルー


内面・ガラスのような器・母性・月・不
安定・神秘的・卵・分離・優しさ・繊細・海・山

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

牡牛座16度や牡牛座17度では、体験体験でした。

それが続きますと、気分転換も必要になりますよね。

息抜きといえば、私は昔はドライブに行って、山に滝を見に行ったりという息抜きをしてましたが、皆さんはどんな息抜きをされていますか?

旅行でもよし!

プチ気分転換なら、ひなたぼっこでも、
気持ちがいいですよね。

好きな音楽かけてみてもいいですし。

物欲に走ってもいいんですよ。

私はまた書きますが、ケーキとパンを食べて気分転換もします。

近頃はおまんじゅうも好きになりましたね。

私もこのサビアンシンボルにある手放すことや変化は苦手です。

ですから、ちょっとだけでいいんです。

ちょっとだけやってみて、気分よく出来たら、またちょっとだけやってみたらいいんです。

そうマイペースでやればいいのですよね。

気になるシンボルの意味


カバン
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/鞄
カバンっていろいろ種類があります。

キャリーバッグ
旅行の時に便利ですね。

学生カバン
勉強道具を入れるには、仕切りもあって、本やノートもそれなりに入るものがいいですよね。

リュックサック
山に登る時に背中を守る役目もします。食料品なども詰めて背負いますから、体の負担にならないようになっています。

ハンドバッグ
女性のエレガントな洋服には、ポケットが少ないので、ハンドバッグは欠かせません。
美的センスが発揮されるアイテムです。

いくつかカバンについて書きましたが、用途別にたくさん種類があります。

私たちが培った気質もそれだけいろんな種類があると、このサビアンシンボルでは伝えています。

10天体を牡牛座18度で感じてみる

太陽
いっぱいになったカバンを自分の中から整頓する。いわばお腹を空かせる時間帯でもある


いっぱいになったカバンは気持ちの部分

水星
情報の整理

金星
培った気質を整理して余裕をあける

火星
勢いでいろんなものを身につけたので、
どれを断捨離するか考え中

木星
カバンの中身を整理して新たな旅に出る準備

土星
ひとつの過程が終わった

天王星
次なる発見を目指す

海王星
カバンの中を捨て、本来の自分の姿を知る

冥王星
自分の古い気質など合わなくなったものをカバンに詰めて、外にだして、自分の中に芽生えるものを待つ

ドデカテモリー

蠍座・天秤座

区分から感じてみる

大元の星座 牡牛座
女性性・不動宮・土

ドデカテモリー1 蠍座
女性性・不動宮・水

ドデカテモリー2 蠍座
男性性・柔軟宮・火

揺れ動く水のエレメントは、カバンという比喩的小さいもので、その中に所有物を入れます。

そして活動宮で踏ん切り、行動していくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です