【Tau13】牡牛座13度『想いを荷物に込めて』

サビアンシンボル牡牛座13度
『A man handling baggage』
荷物を運ぶ男

このサビアンシンボルの解釈

牡牛座12度 ウインドーショッピングする人々

牡牛座13度に入りましたが、荷物を運ぶ男が牡牛座の気質とどんな関係があるのでしょうか。

牡牛座は土のエレメントで固体です。

好きなものがわかると人はそれを所有したいですとか、関わりたいという気持ちが出てきます。

気質で内面に持ってはいるのですが、やはり人はわかるような形で持ちたいのです。

それが、安定ともなり牡牛座の安心という気質に繋がります。

また守りたいのです。

それは人それぞれですから、荷物の中身はわかりません。

大きさも色もわかりません。

形はありますが、どんな形かはその人の物ですので、このサビアンシンボルにも書いていません。

さらに荷物というのは、形を変化させるのには、いささか工夫がいるものです。

つまり、変化を嫌います。

これも牡牛座の不動宮の気質です。

また荷物といいますと、私たち肉体とは分離されている存在ですよね。

足があるわけではありませんので、人や道具の力を借りなければなりません。

ということは、人はその荷物に対して労力を使う事になります。

小さい荷物で軽いものならまだしも、重い荷物や大きい荷物ですと、忍耐を強いられるかもしれません。

運ぶというのは違う場所があり、その目的地に移動させるという意味があります。

目的地まで移動させるというのは持続性の働きです。

これも不動宮の気質です。

今度は前回の牡牛座12度からの続きを考えて見ましょう。
牡牛座12度『Windows-shoppers』ウインドーショッピングする人々

買い物で好きな物を手に入れました。

気持ちは満足しますよね。

そこが気持ちの頂点であり、その気持ちはやがて違う物を手に入れたいという気持ちに移動します。

そうなんです。

この牡牛座13度に出てくる荷物を運ぶとは、手に入れたものに満足し、次に欲しい物や好きな物を手に入れてまた満足感を得る為に、今持っているもの『気持ち』を移動させるという意味もあります。

欲とも取れますね。

欲は悪いものではありません。

欲があってこそ、それを手に入れるために頑張れるのですから。

欲の元が関係するのですよね。

また、荷物が気持ちなら、想いを運ぶという意味にもなります。

最後に男という意味について考えて見ましょう。

男性気質と考えるならば、行動や意欲など外に向けて発信する意味に受け取れます。

牡牛座14度『Shellfish groping and children playing』貝を手探りして遊んでいる子供たち

まとめ

サビアンシンボル牡牛座13度は、牡牛座の不動宮らしさを感じられます。

安定安心感ですとか、忍耐・持続性などの気質を荷物を運ぶという比喩で表現されています。

荷物を運ぶとは、想いを運ぶという意味にも受け取れます。

牡牛座13度のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

持続性や安心感や守る思いを常に考える人

イメージデータでオリジナルに感じてみる

荷物
重い・軽い・負担・手・運ぶ・厄介・貴重な・大切なもの・大きさ・存在・置き換え

運ぶ
道具・手・業者・品物・移動


外・意欲・放出・大胆・統率・リーダー・快活・行動・肉体的・過激・明るい・光

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

今の時代、お米でも宅配してくれるようになりました。

本当に感謝です。

病気になったり、力が無くなりますと、
本当に、こう言った運びのサービスは欠かせません。

助け合いという裏の精神もこのサビアンシンボルにはあるかなと感じます。

気になるシンボルの意味


荷物を運ぶ
荷物を運ぶ手段を調べていました。

手で運ぶ。
牛や馬などの動物を使用して運ぶ。
車・電車・船・飛行機などを使用して運ぶ。
ロボットを使って運ぶ。

などなど。

車に積み込む事でさえ、人が関与しています。

近年のロボット時代なら人が関与しなくても運ぶ事は可能ですが、人にとって、『荷物を運ぶ』ということは、ずっと暮らしと共にあるという事ですよね。

それぐらい関わりが深いのだと思います。

仕事としてずっとありますものね。

仕事として生活を成り立り立たせるものは、持続性がないとやってはいけません。

不動宮の力を感じますね。

10天体を牡牛座13度で感じてみる

太陽
持続性


気持ちを守りながら

水星
移動

金星
守る・安心・欲・荷物の中身

火星
意欲

木星
羽が生えたかのように飛ぶ荷物

土星
忍耐は底力

天王星
荷物は独特の世界

海王星
夢の世界へ運ぶ

冥王星
荷物の中身に注目する

ドデカテモリー

乙女座・天秤座

区分から感じてみる

大元の星座 牡牛座
女性性・不動宮・土

ドデカテモリー 1乙女座
女性性・柔軟宮・土

ドデカテモリー 2天秤座
男性性・活動宮・風

荷物を運ぶ男で、男性性が強いのかしらと思いましたが、大元の牡牛座は女性性で、ドデカテモリーは男性性・女性性と両方存在します。

ですので、力強さという男勝りよりは、内面的なものを重視する方が、区分としては合うような感じです。

分析あれこれ

『男』は『女性』と共に群を抜いてサビアンシンボルに出てきます。

『男』たちが出てきます牡牛座サビアンシンボルの一覧は牡牛座15度に記載しています。
牡牛座15度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です