1年サビアンシンボルを解釈してみて

1年通過

2018年の11月11日にサビアンシンボルをブログにアップして1年が経過しました。

本当ならこのブログは絵のサイトにしようと思っていたのですが、流れ的にサビアンシンボルになってしまったという・・汗

独学で占星術をちょろっとやっていた私が、サビアンシンボルの解釈を本格的にやり始めて、のめり込んでしまったからなんですけどね。

自分なりの解釈を載せていますので、占星術的には???なものも存在すると思いますし、自分が感じた事を載せているだけですのでご了承下さい。

サビアンシンボルは前にも書きましたが、気づきのきっかけに過ぎません。

人がどう解釈しようがそれはそれなんですよね。

私は自分の気づきの為に書いています。

それならなぜブログにアップしているかといいますと、全解釈する継続の力が欲しいからというのがあります。
見える目標みたいなものでしょうか。

あと、自分の中で留めておくメモというものにしてしまいますと適当すぎてまとまらないのです。
ブログでもまとまってはいないのですが、それをきちんと管理して、スッキリさせたいなという面もあって書いています。

あと、最初は他の人の気づきのきっかけになればという気持ちもありました。
今でもそれは確かに残ってはいますが、気持ちは薄れていますね。

私の解釈が無くてもその方の道筋は整えられていていることには変わらないので、変にそこに重点を当てるのではなく、シンプルに私が感じたことはこんな感じという、そこに意識が向かえるような、そういった変化の兆しが出てきのです。

多分書いて公表することによって、モヤモヤしたエゴみたいなところが、どうでもよくなってきたのだなと。
自分の解釈は自分の作品である感じで、自分の妄想に浸っているような感覚とでもいいましょうか。笑

書けない部分というのは当然ありますし、正直逆に書ける部分の方が少ないのですが、力を抜きつつ自分らしく突っ込むところは突っ込み、聖書からの解釈を付け加えたりして、はじめたばかりの時よりも更新頻度は落ちましたが、より一層サビアンシンボルの解釈を楽しんでいる、そんな状況になってきています。
自分の世界、自分で居心地のよさを感じています。

ですから、公表する形をとって良かったなと感じています。

サビアンシンボルの解釈を書いてみて感じたこと

サビアンシンボルの解釈を書いて見て感じたことは、霊的成長に至る経路はさまざまで、その人にあった方法で気づくのだという事を確認しました。

そして何より大事な事は、自分自身がどうあるべきかという点。

自分自身が幸福感を感じなければ意味はないですよね。

内面の満足感とでもいいましょうか。

自分自身の軸は何か。

それを基準にし魂の成長を感じたり、より一層楽しく愛を持って生活する気づきを得る為に、そのきっかけをサビアンシンボルは伝えていると私は感じます。

ですから、人に頼って占星術を鑑定してもらうのも良いのですが、それはあくまでもアドバイスであります。

腑に落とす事はあなたしかできないのです。

人は人によって研がれますので、そこから気づきを得ることは当然あります。

本当に気づくというのは、腑に落とす事であり、それによって迷いが無くなるのです。

そうして自分自身を歩んでいけて、自分のペースや感じ方で生活していけるという感じです。

※迷いが無くなるということは、生きている間はなくならないと思いますが、薄くなることは可能だと思います。

深く魂の部類では、気づきはご自身で理解できるものですので、ジプシーにさせぬように自分の足で立てるように、占星術にちょろっと携わるものとしてこの辺は注意したいなと感じています。

カリスマであろうが人は人です。

肉体を持って生まれているという事は、
同じ人間として研ぎ合い鼓舞する同じ立場です。

あなたがあなたらしく気づくように、霊的成長に合わせて気づくように自分自身で設定してきたはずですから、イチ占星術を知るものとして、その方の人生の邪魔にならぬようにしたいなともと感じています。

私もそうですが、自分の感覚と他の方の感覚を比べてしまいそうになりますが、
比べても仕方がないのですよ。

霊的に高い低いとか、著名な人の考えだから合わせないといけないとかは関係ないのです。

自分で自分自身を確認して歩む。

だって自分自身に代わりはいなくて、いつだって自分自身で責任を負わなければいけないのですから。

副産物

さてさて、サビアンシンボルを解釈していまして、副産物を見出しました。

ひとつは人生のある時間帯を聖書の学びに費やしたそれが無駄では無かった事を確認した事

現在、再び読むようになりました。
今は個人的な解釈から紐解く事を重視していますので、宗教団体との交わりはしていません。

※聖書もその人の霊性に合わせて、気づきを得れるようになっています。

言葉や幾何学、古代からの継承されたものや自然界に目がいく

他にも私は『文字』や『言葉』に興味が出てきましたし、サビアンシンボルを通して世界が広がりました。

今は『カタカムナ』ですとか、いろんな古代文字の関連にも興味を持っていて、あっちこっち見ています。
あと幾何学も。

また自然に還るようにも促されているようにも感じます。

過去世を思い出した事。

過去世は『月』と関連づけられるという風に解釈していましたが、私の場合、太陽のサビアンシンボルをずんずん探っていくと過去世に繋がっていましたし、自分が気になっているサビアンシンボルも過去世に繋がっているなと感じたのです。

ひとつの過去世は、私の中でそのサビアンシンボルに星や感受点は無いものの、高校時代興味を惹かれていたある事を思い出して、現世もリンクしてる事に気づきました。

そしてある夢見でみた映像がその過去世に関係していていたのです。
それをサビアンシンボルを解釈していて初めて理解できたのですよね。

人それぞれで、サビアンシンボルから必ず過去世がわかるとは限りませんが、過去世はたくさんありますので、どれかひとつは関わりのあるサビアンシンボルがあっても不思議ではないと思います。

自分にあった仕方でわかる時が来たらわかるということなのだと思います。

しかし、ひょんなところから過去世や気づきは得れるのだなと。

まさか自分が過去世に気づくなんてと感じました。

私は過去世は何度か自分でユーチューブで退行催眠をして見たりして興味はあったものの、別に知らなくてもそれはそれでいいわという感覚でして・・

因みに1度だけその退行催眠で過去世?が見れたのですが、私は二重螺旋というか2本のヒモみたいなものが見えたのでした。汗

突っ込み満載な過去世?の映像でしたね。笑

それにしても、思い出した過去世がまたもや宗教絡みだったので、一体私は何?なーんて思いましたけど。笑

キリスト教だけじゃなかったのですよね。

今後

いつ解釈が終わるかわからない私のサビアンシンボル解釈ですが、とりあえずあと半分楽しく解釈していくこと。

それが終われば、その時はその時で考えたいと思います。

2 件のコメント

  • 他の人の深い思索を知るのは好きですが、私自身は物事を深く追及する性質ではないので、
    家族に仕入れた知識を披露しては、「それってどういう意味?」と質されて、
    毎日ウーウー唸っています^^;
    そんな風なので、紀野さんの解釈が、自分が漠然と感じている感覚をハッキリ認識するのに
    とても役立っています
    このブログに巡り逢えたことを感謝しています♡

  • fennel さん こんばんは
    コメントありがとうございます!

    私こそこうやってコメントを書いてくださる方が出来て、励みにしています^_^

    感覚って、説明するのは難しいですよね。(T_T)

    言葉ですと、統一されたイメージでコンピュータ的な感覚で処理されると思いますから、
    fennel さんの感覚って、直感プラス感覚で
    ピン!と感じ捉えられて、言葉を介しなくても『わかる』ような、そんな感覚かなと。
    音ですとか、見えない感覚が鋭そう!とコメントを読んで感じました。

    絶妙な感覚を是非またコメントにでも書いて下さいね!^_^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です