20200621日食

日食の記事がたくさんあり、祭り状態ですが。笑

私も少しこの日食について、感じる事を書きたいと思います。

明日は、サビアンシンボルでは
蟹座1度になります。
『船に掲示される巻かれ広げられる旗』

解釈は前に書いていますが、

今回の日食に絡めますと、

世代交代の感じがしています。
日食は長期にわたる伏線を形成するものと感じがしていて、
そろそろ船出ですよ!と。
もう旗の交代が終了したなら
出発するのですよと。

旗は目立つものであり、遠くまで見る力があるもの、また勇敢なものたちを指しています。

風当たりが強くても、負けないその象徴である旗。

あなた自身の先見の明が、この時代を見極め、この大航海の舵を持つとも感じます。

旗はポールに繋がれています。

ある意味逃げ場所はありません。

ですから、自分自身に責任を持ち、
自分の人生を歩むとも感じます。

この先、火星が牡羊座に入り、火星の威力も活発になってきます。

あなたの意図するところがますます勢いを増すとも感じられます。

また、これは外からの圧力も感じますが、
あなたの想いがどこにあるかが関係してきます。

あなたの視点はどこですか?
長期にわたる船出ですよ。と
星たちは伝えています。

また天王星牡牛座時代であり、
あなたの眠っていた発見されていない才能がますます出てくる時代となります。

ですからどうかご自身に自信を持って歩まれますよう。

それが、星からのメッセージです。

では。

2 件のコメント

  • すごく、うなずきます☺️
    めっちゃ、変わっていきそうですもん
    あれからも、どどーんと背中を押される事があったのよ‼️

    • 伊藤浩美さん、コメントありがとうございます!

      まあ、どとーんと背中を押されることが!!
      もし良ければ、アメブロにでも
      記事を書いていただけたら、
      皆さんの励みになりますし、
      こちらのブログでご紹介したいなと^_^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です