2020年4月23日牡牛座新月

久しぶりに新月満月の事を書きたくなりましたので、記事にしました。

全てのサビアンシンボルを加味するには時間がありませんので、太陽と月が重なるサビアンシンボルについて

牡牛座4度『虹のたもとに幸運あり(金の壺あり)』

これは個別にも書いていますが。
牡牛座4度 虹のたもとに幸運あり(金の壺あり)

新たな解釈も感じ取れたので追記として。

虹は、空中にある微小な水滴が光にあたり屈折効果で、光の美しさを目に見える状態にしてくれます。

水は感情とも言われていますし、集合意識・潜在意識とも解釈されています。

潜在意識ととりますと、いつでもあなたは虹を作りだせる事ができるとも感じられますし、
屈折率がありますが、意外な結果を生み出すとも感じたりするのですよね。

金の壺の壺というのは、英語の語源から力という繋がりを感じて、潜在意識という拡大解釈にも繋がっていく感じを受けます。

それが、ゴールドだということです。

金色の壺か金が入っている壺か。笑

しかし、どちらにしろ輝いているのです。

4度とは、今揃っている材料で構築していく度数です。

潜在意識には無限の可能性があり、あなたの輝く能力が今まさに揃っているということも考えられます。

たもとには実際いけないですが、あなたは虹を作りだす事が出来るとも感じます。

スターゲートでも、

可能性を試したくなる日

とありますので、

ちょっと何かしてみる。

その気がなければそれはそれで良いのですが、

お尻ムズムズ感なら、やってみる。
可能性はそこから始まるのです。

初めてやるのは、確かに時間もかかりますし、こんなハズでは無かったと感じるかも知れません。

やり方がわからないといのであれば、
何をやりたいのかをまずシンプルに考えてみる。

あれこれ技術とか考えずに、丁寧じゃなくても、まずはやってみる。

そこからまたやる事が見えてきます。

ゲームをする時でも一緒ですよね。
料理でも初のメニューを作る時でも一緒ですよね。

ちょっとでいいんです。
全部しようとか思わない。
軽くでいいんです。

世の中不安という文字はありますが、
その時だけでも意識を逸らす事は出来ますし、心のザワザワ感も少しは楽になると思います。

あなたには、金の壺があるのです。
虹はあなたが創り出すのです。
あなたしかあなたの虹は創れないのです。

ずっとこのままですか?

私のスタンスは、星は自分で解釈をしていき、占星術家に頼らないように、というものです。

それは今も変わりません。

ですが、何が自分の強みかもわからない、自分って何?と思われる方が多いのです。

自信を無くされていらっしゃる方が多いのです。

そういう方がいると大きなお世話かもしれないですが、炎を照らして、出口の方角だけでも照らしてあげたいのです。

自信を取り戻すとエネルギーも湧いてきます。

いつかは変化したいと思っているなら、今が変化の時です。

また、自分が何に向いているのだろうと感じるならば、ブループリントをみるのがおススメです。

私も今太陽パワーを活用していますし、第2MCも活用しています。^_^

いずれ私の体験や自分の太陽の話をかければいいなと思っています。

鑑定はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です