2019年5月5日新月を感じて

2019年5月5日新月

令和になって初めての新月ですね。

次の満月などは記事を書くかどうかもわかりませんが、ちょっと思う事があり、今回は新月の話を書いてみたくなりました。

今回の新月は牡牛座15度です。

15度は達成の度数であり、この新月の日で達成するものと、新しいサイクルの状況を作り出していくものふたつ感じます。

着地と種蒔きという感じです。

新月ですから、種蒔きの部分が多いのですが、

足元の着地を感じてから、種蒔きみたいな感じです。

牡牛座15度は、
『マフラーと粋なシルクハットを身につけた男』

以前に解釈の一例を挙げていますが、

今回の新月で感じることは、

キリッと前に進むという感じでしょうか。

マフラーを巻き、弱い部分を保護し、立ち向かっていく姿。

きちんとマフラーしたよね!と感じて、外に出て行くみたいな。

そして『男性』ですから、新たな開拓をしつつというイメージがあります。

ふわふわという感じでは無く、前に突き進む。

個性もピンポイントで出しながら。

さり気なく出すような感じ。

全開に個性を出すと言うよりも、キラリと言う風に、紳士的に調和を保ちながらの方がいいような感じですね。

皆の出方を見ながら、まだ気を緩めずに、毅然とした態度で。
それでいて、ある部分は変革させていく感じ。

徐々に天王星効果も出てきますし、急いで何かをすると言うよりも、自分の弱い部分を保護しながら。

広く視野を持ちつつ歩む感じで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です