【Lib6】天秤座6度『あなたの想いが振動となり波動となり結晶となり現実化する』

サビアンシンボル天秤座6度
『The ideals of a man abundantly crystallized』
男の理想が多くの結晶に変わる

サビアンシンボル解釈

天秤座6度ですね。

理想が結晶に変化する、なんかとっても素敵な詩文ですが、言葉のイメージを丁寧に解釈したり、拡大解釈したりして、いろいろ感じ取れればいいなぁと思っています。

では早速解釈してみます。

idealを英和語源辞典で調べますと、心に思い描いた理想とあります。

思い描くとは、私自身は具体的に感じる事かなぁと思いました。
体感といいますか、具体的にまではいかなくても、『一線越えるもの』のような・・

潜在意識の中からニョキとでたある存在が、結晶という目に見える形や、または心の中で確信となるものを掴んだような・・・そんな結晶になるという感じを受け取りました。

ここで『多く』とあるのは、そうはならないものもあるという意味も隠されていると感じました。
しかし大量に叶えられるということ。

人間100%叶うなんて有り得ないんですよ。
肉体が滅ぶという時点で、100%叶うというのは無いはずです。
でも大部分は叶って全部叶ったという感覚はありますよね。そんな感じ。
それで釣り合いが取れるんです。

あとはまた違う形で結晶化したり、そこからまた理想が出来たりもしたりするので、完璧には求めないとも解釈できます。

全てが全て100%自分が理想としたものが実現したら、それはそれで良いかも知れませんが、遊び部分といいますか、余白があってこそ、なぜ叶わなかったのかも気がつきますし、そこの醍醐味もあると思うんですよね。

ちなみに180度先の牡羊座6度は、
『一片が明るく照らされた四角』というサビアンシンボルです。

例え一片でも明るく照らされていれば、そこに光があれば、人間って全て光が当たっているように感じたりします。
ポジティブなものってそういう感じですよね。

上から視野を広げて見ればそこだけしか光が当たっていないのに・・

それで満足出来る。

潜在意識の理想はもしかしますと、底知れぬ理想になる要素が詰まっているはずなのに、人間の心にものぼりもしない、まるで『一片が明るく照らされた四角』の照らされていない『辺』のようであり、人間は多くの理想が結晶となったと感じていても、実際はまだまだ無限に材料や活用出来るものがあるんだよとも言えるのではないでしょうか。

上にも書きましたが、自分の考えよりもさらにケタ違いのものもきっとあるはずですし。

アスペクト150度対比牡牛座6度
『峡谷に架けられる建設中の橋』にも通じるところがあります。

結晶という英語はcrystal。
そうあの硬い鉱物とも関連します。
峡谷に掛かる橋のイメージは、強固なものでないと。

また橋はバランスとも関連しますし、結晶もバランスをもつもの。

ここからまた何か想像出来るのではないでしょうか。

そして、自分の理想って、時には枠にもなったりし、ある視点からは制限にもなったりします。
自分では気づかない枠にはめた理想。

天秤座は釣り合いですとか、はかるイメージがあります。

バランス良く。

理想はあなたが決めたバランスでもあります。

社会枠に入って、さらに大きな世界を感じて個のバランスから広がり、あなたの理想が拡大し、今まで持っていたあなたの理想は小さいものとなるかも知れません。

結晶は、ひとつひとつ見るならば、小さいもの。

個の中ではそれで良かったかも知れませんが、社会枠になりますと、それを繋げてさらに大きな結晶を作る、そう言った事も考えられます。

個々の繋がりが大きな結晶を生み出しますが、それぞれはお互いにバランスを取ります。

『男の理想』は、拡大しながらそのバランス値を考えてその都度の大きさの結晶となる。

雛型の結晶と宇宙規模の結晶。

天秤座の気質。

結晶は光輝くイメージがあります。

これは51度対比獅子座15度『パジェンド』にも繋がってきます。

個々の存在感から全体の存在感。
そこにはひとりひとり人間という小さな結晶があります。

輝きを集団にすることにより、大きな新たな結晶にも見えますし、輝き方も違ってきます。

そんな拡大解釈も出来るでしょうか。

また、理想を結晶化させるには、熱き想いが必要です。

具現化させる行動ですとか、計画を立てたり、理想は形もまだ定まらないので自由に考えてピン!とくるまで探したり。

そんなところはドデカテモリーの射手座の気質が見えてきます。

私たちはどんな結晶ができるか、それが楽しみで生きているのかも知れません。

まとめ

サビアンシンボル天秤座6度は、
私たちの想いが結晶化するということ。
無限に眠る潜在意識の理想を全て結晶化することは出来ないですが、それでも心に描いた理想を結晶化させる為に、その結晶を見たいが為に、熱く何かに打ち込んだり行動し、体験して喜びを見出します。
結晶は振動であり波動の結果。
それを今あなたは見ています。

天秤座6度のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

熱い想い・行動力・現実化させる力がある人・自分の波動域を知っている人

イメージデータでオリジナルに感じてみる

結晶
硬い・クリスタル・振動・バランス・波動・想い・輝き・規則正しい

理想
想い・心・願い・空想・漠然・追い求める・熱意・楽しみ


外・意欲・放出・大胆・統率・リーダー・快活・行動・肉体的・過激・明るい・光

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

波動を整える事。
想いが今どういう状態であるかを観察してみるのはいかがですか?

気になるシンボルの意味


結晶
結晶という言葉がきになりましたので、探ってみました。

コトバンクさんがわかりやすかったですのでリンクと引用をば。

コトバンクさんによる『結晶』

ーここからー
原子,分子,あるいはイオンが規則正しく配列している固体。特定の結晶面を表面とする多面体である場合が多く,その対称性によって7種の結晶系に,さらに詳しくは 32種の結晶族に分類される。
ーここまでー

また、Wikipedia さんでCrystalの記事が良かったので引用させていただきます。
Wikipedia さん『Crystal』
ーここからー
古フランス語 “cristal”(氷、氷のような鉱物の意)に由来。
特に水晶のことを指すこともある。
水晶振動子のこと。水晶の電気的特性(一定周期による振動)を用いて、時計などに用いられる。Xtalとも表記する。
水晶(クリスタル)球による、水晶占いの略称。
ーここまでー

輝く鉱物、水晶という関連が出てきます。
アスペクト対比には、40度対比獅子座26度『虹』や36度の蠍座12度『大使館の舞踏会』などの輝きと関連性があります。

また固いものをイメージさせる為、その関連を感じるアスペクトもあります。

結晶は振動によっても違ってきます。

その振動は波動。

その理想とする想いはどこからくるのか、根本は?
という深掘りもできます。

バランスも振動によって崩したりします。

波動が一致した時に見事な結晶を作りだす。
そんな事も考えられます。

結晶はあなたの今を形作る、そう今、あなたはその波動なのです。

10天体を天秤座6度で感じてみる

太陽
想いは波動であり結晶になる。
パワーの源はその想い。


感情の豊かさが結晶にもあらわれる

水星
情報も結晶を作る大切な要素

金星
美意識や感性、五感はすべて波動になりあるものは結晶化されて目に見える形となる。

火星
理想を叶える行動や意図

木星
幸福感を感じながら、理想を感じていく

土星
精神性を高め、波動を整える

天王星
自分の予想以上の結晶を見出す

海王星
夢を現実化させる

冥王星
自分の想いを感じてみる。それが理想かどうかであなたの結晶が違ってくる。
枠があるのかないのか、他人軸であるのかないのか。

ドデカテモリー

射手座

区分から感じてみる

大元の星座 天秤座
男性性・活動宮・風

ドデカテモリー 射手座
男性性・柔軟宮・火

行動する男性性が強いと感じます。
風のエレメントのバランスと、火のエレメントの熱い想い、それが行動にも繋がり、結果を残すような感じでしょうか。
予想外の結晶にもなったり、そんな状況を楽しむような感じも受けます。

2 件のコメント

  • 更新がうれしかったので、こちらにコメントさせていただきますね(^-^)

    実は最近、自分で牡羊座1度から解釈をしてノートに書きつける作業を始めました。
    紀野様がのびのびと楽しそうにサビアンを解釈されているので自分でもやってみたくなり始めたのですが、
    難しくも楽しい作業ですね(^-^)
    シンボルそのものの意味や前後のサビアンとの繋がり、対向サビアンとの比較・・
    本当に考えることがたくさんあってなかなか先に進まず、自分のサビアン(天秤座以降)にたどり着くまで相当な時間がかかりそうですが(>_<)

    天秤座は明けや秋の葉、結晶など自然を連想するモチーフなど、好きなサビアンが多いです。
    こちらの天秤座6度は内面の精神的な力が物質化する、形になるってすごいエネルギーを感じます!
    しかし全てが結晶になるわけではないんですよね。紀野様の文章を読んで気づきました。
    結晶は規則正しくカクカクしているイメージで、対向の牡羊座6度に出てくる「一辺が明るく照らされた四角」が規則的な立体構造を持つバージョンアップしたもの、しかも多く、になったのかな?
    牡羊座6度の時の四角は原始的、シンプル、平面、一つで
    天秤座6度は複雑な構造、立体、たくさん・・・
    などと紀野様の記事を読んで私も考えてみました。長々とすみません。。

    鑑定の方法などはその時の流れで、このようなやり取りの中で決めていけたら無理なく一番いい形に決められる気がします(^-^)
    更新とても楽しみにしています。またコメントさせてくださいね。

    • しいこさん、コメントありがとうございます!

      牡羊座からの解釈是非是非続けて下さいね!
      サビアンシンボルを感じていきますと、自分の過去世にも繋がってきますし、何よりも自分はこれでいいんだということが実感できるようになります。

      そして星たちの純粋な輝きを捉えて、もし誰かの鑑定をされるとしますと、これほどまでに人は輝いているのか!って実感されると思います^_^

      人と比較しないで、自分と相手を素直認め感じあえます。

      しいこさんは、このサビアンシンボルを透視された方の想いを充分に感じていらっしゃいます♫
      自由にしいこさんの宇宙を感じて下さいね^_^

      天秤座6度の観点、なるほど!そうか!とこちらも気づかせていただきました^_^
      幾何学のような美しさが降ってきました。

      宇宙の構造ですね

      もうワクワクしてきました!
      こうやって語り合えるのが、嬉しいです。

      また自分はこう思うっていうのを教えてくださいね♫
      人の感性はほんとうに素晴らしい!

      あ、私のことは、静香でいいですよ^_^
      星を感じる仲間ですから、気軽に呼んで下さいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です