【Leo8】獅子座8度『革命的なパワー』

サビアンシンボル獅子座8度
『A Bolsheviki propagandist』
ボリシェヴィキ派のプロパガンダ活動家

サビアンシンボル解釈

折角、星空で落ちついたと思ったら・・
ボリシェヴィキですとかプロパガンダですとか、また強烈なサビアンシンボルが書かれています。

ボリシェヴィキとは、ロシアの革命左派を指します。

そしてプロパガンダとは、思想的・政治的宣伝を指します。

獅子座7度で、星空が出てきましたが、星は昼夜関係なく光続ける存在ですね。

戦略など関係なしに言わば光を放つ存在です。

しかし8度では、活動家が出てきますから、意識して戦略はしないといけません。

意識するといいましても、これは才能なんです。

人があれこれ労苦する宣伝・戦略を、ちょっとした思いつきで解決するような感じです。

Wikipediaでプロパカンダを読んでみましたが、心理的な宣伝というのが気になりました。

確かにそれもあるでしょうが、心理的な分析をして、宣伝するという事よりも、何かに導かれて、そう霊感・直感みたいなもので戦略を立てる感じもあるような感じがしてなりません。

そして、周りのものを巻き込んでいきます。

もうそれは突っ切る感じがします。

誰にも止められない、危うさも感じ取れます。

夢に向かって一直線はいいのです。

恋愛も一直線だと感じます。

しかし、ダメだという人の助言も受け入れる事も重要です。

そういうところは注意しましょう。

そして、活動家というものは、上にも少し書きましたが、人の心を掴むのが上手いです。

謎の魅力があるといいますか、ボリシェヴィキの左翼派は、革命も起こすほどの勢いを得た存在です。

これはドデカテモリー蠍座の魅惑と関係しています。

自分は何もしていないのに、人を虜にする感じがあるのです。

蠍座の気質のひとつです。

そして、人の心にうねりを生じさせます。

何かあるんじゃないかと。

平穏だったあの日から・・

潜在意識から何かを掘り起こしたような・・

また、獅子座8度も自ら、そんな感じになります。

自分自身でない何かが自分を突き動かしているような。

小心者だった人が、変わったよね!と言われたりするのも、これなのかもしれません。

地に足がついていたらそれで良いですが。

それほどパワーが凄いのです。

それほど人間にはそんなパワーが眠っているという事なのでしょう。

知将でもあり、巧みさもある獅子座8度は、夢中になるものがあったら、トコトンされたら良いと思います。

ただネガティブになりますと、その波動も強いですので、コントロールに気をつけて。

そして自分の才能にあぐらをかく事なく、努力や助言を聞くという事をされましたら、自然と制御出来るようになり、突っ切ってしまうような活動家にはならず、雄大な王、獅子座という、『力ある者』という表現者になるとサビアンシンボルは伝えていると感じます。

あと、活動家ですから、議論好きなのかも知れません。

自分の意見をきちんと持っているような解釈も出来ますね。

まとめ

サビアンシンボル獅子座8度は、
革命的な潜在能力を遺憾なく発し、それを表現します。

誰にも真似出来ないパワーがあり、それ故に波瀾万丈かも知れませんが、あなたしかできない表現力を発揮するようにとサビアンシンボルは伝えています。

獅子座8度のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

知将・革命・パワー

イメージデータでオリジナルに感じてみる

ボリシェヴィキ
左派・活動家・徹底した中央集権による組織統制・革命
Wikipedia ボリシェヴィキ参照

プロパガンダ
特定の思想・世論・行動・宣伝・政治的
Wikipedia プロパカンダ参照

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

弾けちゃいましょうか? 笑

カラオケで、弾けてもいいですしね。

そんな弾けっぷりが、あなたの魅力を引き出すかも知れませんよ。

それか、普段言えない事を言ってみるとか。

今日は、家事をしないで遊ぶ日に設定してみるとか。

あと妄想にふける日にするか。笑

自分革命の日ですね。

気になるシンボルの意味


支配星

いつものように、プロパカンダ・ボリシェヴィキなどの気になるシンボルは、Wikipedia を資料としています。
検索をば。笑

しかしながら、どうしてこの獅子座8度にこんなにきついサビアンシンボルが出てきたのでしょうか。

個人的には、獅子座8度を支配星の観点で見てみました。

獅子座は太陽
ドデカテモリー天秤座は金星
ドデカテモリー蠍座は冥王星
因みに蠍座の副支配星は、火星なのです。

獅子座9度や10度も、ドデカテモリー蠍座ではあるのですが、この天秤座の支配星が加わる事により、拡大したのでは無いかと感じました。

美学の金星・死と再生の冥王星(副支配星 行動の火星)

それにパワーを与えている太陽がくる。

自分の美学を貫く感じがするのです。
それは突き抜けて、死をさえも恐れない行動を促してしまう、そんな風に感じるのです。

これは極端な獅子座8度の解釈仕方と思います。

こんな風に考えてみるのもありかな?なんて思いました。

何かの手がかりとして。

10天体を獅子座8度で感じてみる

太陽
巻き込む力


うねり・人知れぬ察する力

水星
巧みさ・宣伝能力

金星
謎の魅惑

火星
知将の戦い

木星
壮大なパワーと世界

土星
コントロールを身につけ、耐える力を養う

天王星
革命・突っ切る

海王星
半歩先を感じる領域

冥王星
力あり過ぎて孤独に突き進み破滅に至らぬように。
再生する力も強力に備えているのだから。

ドデカテモリー

天秤座・蠍座

区分から感じてみる

大元の星座 獅子座
男性性・不動宮・火

ドデカテモリー1 天秤座
男性性・活動宮・風

ドデカテモリー2 蠍座
女性性・不動宮・水

風のエレメントがありますから、情報収集する能力がある活動家でしょうか。

しかし、その活動家の心は憂さを感じ、それは天秤座の憂さも見えてきます。

そしてそれにより、蠍座の謎の魅惑を呼び起こし、人を惹きつけるものになっているのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です