【Leo29】獅子座29度『人魚から感じる気持ちの持ち方』

サビアンシンボル獅子座29度
『A mermaid』
人魚

サビアンシンボル解釈

人魚です。

伝説のものがこうして、ずばり指摘してくるというのは、人魚の気質を掘り下げたらいいのですが、なんせ伝説が様々なのですよね。

アメリカ人の透視家ですから、ヨーロッパの神話や伝説から紐解いていきましょうか。

人魚伝説はアンデルセンが書いた作品が有名です。

今回はこのアンデルセンの人魚姫伝説から、解釈していきたいと思います。

念押ししておきますが、あくまでもひとつの解釈です。

Wikipedia を読みまして、美しい心の持ち主だなと感じました。

人魚は悲劇のヒロインとも言われます。

このWikipedia に書かれている物語を読んでの感じた事なのですが、

人魚姫にとっては王子様と結婚する事を望んでいましたが、王子様は人魚姫には恋愛感情を持っていなかったのですよね。

確かに一番最初に命を救ったのは人魚姫でしたが、彼が恋したのは修道院に入っていた女性です。

『救ってくれた』という言い訳をしならがも、その女性の本質に惹かれたという感じがするのです。

例え人魚姫が最初の恩人だとわかったとしても、王子様は恋に落ちるかどうかはわからないのです。

ですから、悲劇というよりは片思いの感じなのです。

だれかにそそのかされて、悲劇のヒロインになったわけではなく・・。

そして、この人魚は王子様を殺す事も出来たのですが、『良心の呵責』もあり、それをせずに海の泡となりました。

この人魚は、『自分の本当の想い』を貫いたのです。

相手の事を推し測り、それこそが自分の想いと一致するので、そうした行動に出ただけなのです。

思いやり・利他的・自己犠牲の精神とは、自分の本当の気持ちが良い意味での自己中心であり、他人から見て、他の人の気持ちに寄り添っている事なのです。

他人から見て、犠牲的になっているという観点なのです。

ですから、自分自身はちっとも自己犠牲を払っていない、むしろ犠牲って何?私は好きでそうしたのよという感じなのです。

人魚は王子様を愛していましたし、自分自身が恋愛対象になっていない事も気づいていたでしょう。

そこに幸せはあるのか?

王子様を縛るだけになるのでは?

『愛は自由である』という本質を知っていたので、彼女は王子様を殺さなかったのです。

それだからこそ、『風』になり得たのだと感じます。

また、この獅子座29度には、蟹座と獅子座あと次の乙女座が関係してきます。

人魚は王子様に恋をし、それにより人間というものにも興味を持ちました。

魂が消える人魚とは違い、魂を持って天国にいけるという不滅性を人魚は知ったのです。

人魚は不滅性も勝ち取りたかったのでしょう。

蟹座の安定を求めたのです。

そして人間になり魂を変化させる事に挑戦したのです。

人間として生きる自分らしさを表現しました。
これは獅子座ですね。

そうして王子様の側でいる事になりましたが、王子様の心を知ります。

感受性豊かな蟹座の気質も持ち合わせています。

内面の成長とともに自分自身の立場も考えたのでしょう。

人魚は海の泡となりました。

しかし、続きがあり海の泡にはならなかったのは、人魚が獅子座だけの成長では終わらずに乙女座気質も知らずして受け入れていたという事でしょう。

そのあと人魚は風となり、風のお仕事につくわけですが、Wikipedia を読みますと、乙女座の奉仕的なお仕事のようで・・。

ですので、この獅子座29度には、共感力・感受性・内面的な成長・利他的な愛・自分自身を表現する力を持っているのです。

さらに、人魚ですから魚の要素は持ち合わせていますね。

水のエレメントの感情や共感力を持っています。

そして水には潜在意識というキーワードがあります。

蟹座の水は融合させて次の獅子座の殻を破るパワーに変える要素を持ちます。

獅子座には火のエレメントが入ってますから、沸点越えさせるものがあります。

そんなところは、一途な人魚姫の恋心とも関係してきます。

人間になる無謀な気質を孕んでいますが・・
それでも自分の世界を自分自身で手に入れたいという強い気持ちがあるからこそ。

人魚姫は、15歳の設定ですね。

若いまだまだ成長が楽しみな年頃。

果敢に挑戦する気持ちも解らなくもないですね。

前回の獅子座28度もそう言えば『小鳥』でした。

若い世代繋がりです。

また魚には霊性というキーワードもあります。

人間が感知し辛いものでもすぐに感知し、警戒心の強さも魚は持ち合わせています。

獅子座29度も持ち合わせているのではないでしょうか。

警戒心の強さは洞察力にも繋がります。

あと、頭部や手は人間で下が魚という構図が気になりました。

頭部は思考とも関係してきますので、乙女座的な要素を感じたりもし、獅子座は頭部と関係するものも多かったですから、この辺りに関係するのではないかなと思います。

足が魚ですから魚の蟹座。

地と水で生きる両方の呼吸器を持ち合わせています。

両方の世界を知るものとしての感性も持ち合わせているかも知れません。

見えるもの見えない領域のものに合わせる力(呼吸)があると感じます。

また、まとまりが無くなりましたが、この辺で。

まとめ

サビアンシンボル獅子座29度は、
成長段階の一途な想いを表現し、純粋な乙女心から、大人に成長する過程を感じさせます。

潜在意識の領域から私たち人の思考までを見通すような、霊感的な要素も強く感じます。

愛に純粋に生きて、愛は自由である事を知らずして表現している、そんな感じを受けます。

獅子座のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

魚好き・恋愛体質・霊性・霊感がある・普遍の真理を求める

イメージデータでオリジナルに感じてみる

人魚
霊性・潜在意識・海・泡・恋・髪の毛・声・想い・感受性・人にはない独自のもの・両性・魔女・異国・純粋な

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

このサビアンシンボルを解釈してみて、感じたことは、子供の純粋さ・親を想う気持ちでした。

例え虐待されていても、お母さんのことを思っている子供たち。

そんな健気な気持ちって、大人になると忘れがちに。

大人になるってどういう事?なんて思ったりも。

今一度考えたいなと。

あ、重たくなりそうなので、胸きゅんする恋物語でも読みましょうか。

笑いがあるものを選んで。

妄想に浸りましょう。笑

気になるシンボルの意味


人魚
Wikipedia に載せられていました人魚とアンデルセンの人魚姫をリンクしておきます。

Wikipedia 人魚

Wikipedia 人魚姫

人魚姫が風になったとは知らなかったですね。

あと、他にも人魚伝説はありますから、そこから感じられるのも良いかと。

しかし、なぜ足は魚の形なのか・・個人的に腑に落ちていないのですよ。

また人魚と拘らずに、『人と魚』そこから感じるイメージで解釈してもいいですし。

29度の特性と人と魚で斬り込んでもいいんじゃないかなと思います。

また何かありましたら追記で載せます。

10天体を獅子座29度で感じてみる

太陽
眩い光で、自分自身を信じる


純粋に人を想う気持ち

水星
想いと考えが一致

金星
バランスを考える

火星
察知し意図を見抜く

木星
戦いを学ばずに、愛を貫く

土星
自分の見方を貫く事。結果も納得する

天王星
脱皮する

海王星
束縛のない自由な気持ちで寄り添う

冥王星
愛は自由。そこに行き着くまで繰り返される判定。

ドデカテモリー

蟹座

区分から感じてみる

大元の星座 獅子座
男性性・不動宮・火

ドデカテモリー 蟹座
女性性・活動宮・水

活動宮なのですよね。
水のエレメントの感情を活発化させる要素。
そして火を着火させる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です