【Gem29】双子座29度『情報の見極め・蟹座への準備』

サビアンシンボル双子座29度
『The first mockingbird of spring』
春一番のマネシツグミ

サビアンシンボル解釈

さあ、なんか穏やかなサビアンシンボルになってきました。

春一番にマネシツグミが鳴くというのは、一早い情報を届ける為かもしれませんね。

例えばスクープのような・・。

鳥は季節に敏感ですし、鳴き声は自然界の共通の知らせでもあります。

しかしマネシツグミは、他の鳥の声を真似する鳥でもあります。

真似するにも技術は必要です。

持って生まれたものです。

美声はそんじょそこらで出せるものではありません。

ドデカテモリーの牡牛座ですね。

使い分けもしないといけませんから、そのあたりは、双子座の識別力でしょうか。

となりますと、マネシツグミが違う鳥の鳴き真似をしているかも?

この鳴き声は○○鳥の鳴き声で春を告げに来た!とすぐに反応はご用心です。

しかし、まだ冬真っ只中では、動物も人間でも勘違いはしないでしょうが。

本物かマネシツグミか聞き分けるのも、情報の確かさを見極めるという点で、双子座気質の極みだと感じます。

春の訪れは、眠っていた体が動き出す時期ですし、新しい事をしようとする気持ちも湧いてきます。

次の蟹座に入るまであと少し。

ですから、春一番なのかも知れません。

もう少し待って、確認してからでも遅くはありません。

情報を掴みつつ、確認して次に移る準備は、蟹座の安定を密かに表してします。

また、春がすぐそこと気がつくというのは、前回『破産宣告された男』の気持ちも和らいだのかも知れません。

そして、牡羊座29度『天球の音楽隊が歌っている』

角度は60度ですから、セクスタイルですね。

調和し、天空に賛美を捧げる歌声です。

もしかすると、このマネシツグミは、賛美を捧げる歌声だったのかも知れません。

前回双子座28度『破産宣告された男』が、賛美を捧げているのかも知れませんね。

春が来る!待ちに待ってようやく来る!

生きている事に感謝し、本来の気質を発揮して、恩返ししようと誓う賛美なのかも知れません。

また双子座26度から冬の季節で、その中で双子座の気質を振り返る事もあったはずです。

双子座27度に出てきた『ジプシー』も、喜びの歌を歌っているかも知れませんね。

ようやく森に帰って自由に暮らせる。

春というのは、動物や私たちには待ち通しかった季節です。

そして、しっかり休息して心地のよい目覚めという事で、鳥が出て来たのでしょう。

さらに鳥は自由や羽ばたく、また平和のイメージがあります。

また、マネシツグミは、番いを大事にします。

番いは、夫婦というイメージもありますが、もうひとりの自分でもあります。

もうひとりの自分。

それは双子座の気質で、もうひとりの自分を探す旅をするですとか、双子からの意味から出ています。

鳥ですから、2匹でピーチクパーチク楽しそうにおしゃべりしながら、情報交換をしている風景を想像できます。

そして基盤を作っていく姿をも感じますね。

双子座と基盤の蟹座の気質を番いからみる事が出来ます。

また上で書きましたように、真似る鳥です。

真似るって結構難しいのですよ。

特徴掴んだり、ある意味性格まで似せないと雰囲気も出せないですし。

頭の良さを感じるサビアンシンボルですね。

続く双子座30度『Bathing beauties』海水浴をする美女たち

まとめ

サビアンシンボル双子座29度は、
長かった冬が終わり、ようやく春が来そうだという、喜びを表していると感じます。

マネシツグミという鳥は、鳴き真似が上手な鳥ですので、今まで培った能力を駆使して、情報の見極めを発揮するという事も感じます。

鳴き真似は能力であり、番いを守る為でもあります。

双子座29度のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

情報の見極め力がある人、発信力のレパートリーが豊富、

イメージデータでオリジナルに感じてみる


穏やか・芽生え・喜び・活動・上昇・心地よい・変わり目・目標を立てる・空気感

一番
最初・初めて・慣れない・緊張・勇気・晴れ晴れ

マネシツグミ
鳥・鳴き真似・上手

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

モノマネ!いいですね。

模倣するって大事です。

模倣出来るって、その瞬間にインプットして真似るのですから凄い事なんですよ。

踊りって真似ますよね。

メイクも真似たりします。

真似るっていうのは、『見る力』があるからで、羨ましいと私は思ってしまいます。

観察力も必要です。

何でも真似る。

味付けも、歩き方も。

そうすると癖もわかってきますね。

コツもわかりますし。

お子さんがいらっしゃるなら、逆にお子さんの真似をしてみるのもいいかも。

気になるシンボルの意味

マネシツグミ
モッキンバードとも言われます。

Wikipedia によりますと、オスが鳴き真似を多用するようです。
Wikipedia マネシツグミ

それは、縄張りを守るためですとか、繁殖期にメスを誘うためだと言われています。

そう言えば牡牛座30度に出てきました孔雀もそうでしたが、雄の鳥は頑張りますね。

まあなんと、このマネシツグミはピアノの音まで真似るのだとか。

合唱団の一員としても大丈夫なようですね。

違う資料を読んでいますと、
真似上手なのは、ベテランのマネシツグミだそうです。

やはり技術は磨かないとですね。

10天体を双子座29度で感じてみる

太陽
春の訪れ


待ちに待った春への喜び

水星
一早い情報

金星
技能を磨く

火星
個性を発揮する

木星
世界が変わる広がる

土星
春があるから持ちこたえられる

天王星
独特の世界観を持ち魅了する

海王星
飛び立ちたい、春の訪れ

冥王星
春の前には冬がある

ドデカテモリー

牡牛座

区分から感じてみる

大元の星座 双子座
男性性・柔軟宮・風

ドデカテモリー 牡牛座
女性性・不動宮・土

マネシツグミのレパートリーの豊富さは、風のエレメントのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です