【Gem23】双子座23度『学んだ事を教える』

サビアンシンボル双子座23度
『Three fledglings in a nest high in a tree』
木の高いところにある巣の中の3羽の雛

サビアンシンボル解釈

さあ双子座23度に入ってきました。

雛がでてきますね。

ひょっとすると、

前回双子座22度『バーンダンス』でしたから、出会いから愛を育んだのかも知れませんね。
双子座22度『A barn dance』バーンダンス

では、解釈していきましょう。

雛というのは、飛び立つ事が出来ない小さな子供たちです。

雛から連想出来るイメージとして、未熟だけれど純粋で親鳥を待つ姿を思い浮かべられます。

親鳥が帰ってきますと、エサを催促したり、なんとまあ可愛いですよね。

エサを与える行為は、知識を与える行為でもあります。

もらう方は、知識をもらう行為ですね。

取ってきた情報をもらう。

また、飛ぶ練習をするかも知れないですね。

雛は純粋ですし、知的好奇心もいっぱいな子供たち。

双子座の楽しくお喋りする風景も感じ取れます。

3羽というところに注目です。

3という数字は、三角形や子供を連想させます。

数秘では3は表現力・子供。

形を作るのに、最小で作れるのが三角形の3ですが、どこかに出てきましたよね。

そうです!牡羊座5度『翼のある三角形』です。
牡羊座5度『翼のある三角形』

勇気を出して飛び立ちなさいと書きました。

この世で生まれてきて最小限の体験で、飛び立つ勇気。

親鳥からもらった情報と自分たちに元々からあるオリジナルな気質を持って、飛び立とうとしています。

鳥には翼があり、『3羽×翼で6』という完全数の6とも取れます。

3は三位一体とも取れ、お互いが補完し合い、どれも欠けてはならないものという意味にもなります。

準備は出来ているのですよ。

あとは勇気だけ。

巣の中は、安全ですが、雛が育ちますと窮屈になります。

巣の中にいる雛となれば、『保護された貴重なもの』としてのイメージも出来ます。

もう、巣の中はいっぱいで、コップから水が溢れそうな知識が豊富な状態とも取れます。

では、巣は高い木に作られているようですが、それはどういう事でしょうか?

まず『木』。

木とは、サビアンシンボルでも今まで牡羊座から双子座まで考慮して、いくつか出てきました。

牡牛座9度『飾られたクリスマスツリー』
牡牛座9度『A chiristmas tree decoratied』飾られたクリスマスツリー

双子座4度『ヒイラギとヤドリギ』
双子座4度『Holly and mistletoe』ヒイラギとヤドリギ

どちらも聖なるもののイメージがありました。

高い木となりますと、より天に近いものとしての意味も見えてきます。

『それぐらい知識がある』とも取れます。

その高いところに巣を作るというのは、地上にいる獣から雛たちを守る為でもあります。

また、高い教育水準を与えるとも考えられます。

これは異国の地からの連想で、自分たちのように苦労はさせたくないという感情から、この意味もあるかな?と感じました。

射手座23度と繋がりがあります。

鳥の種類がここではわからないですが、渡り鳥だとしますと可能性は強まります。

鳥は、他のサビアンシンボルのイメージにもありますように、平和や自由という言葉に関連します。

牡羊座から双子座までの23度を考えみますと、
牡羊座23度『重く貴重だが隠された荷物を持ち運ぶパステルカラーで装った女』
牡羊座23度『重く貴重だが隠された荷物を持ち運ぶパステルカラーで装った女』

牡牛座23度『宝石店』
牡牛座23度『A jewelry shop』宝石店

これらから共通するのは、外と内というものが連想されます。

まだまだ連想できますが、これぐらいにしておきます。

あとは皆さんの想像にお任せすることにして。

ああ、双子座23度がまとまらないですが、貴重な雛というものを育み、外の世界へ旅立たせる知識を親鳥として与えているとも感じられます。
続く双子座24度『Children skating on ice』氷の上でスケートをする子供たち

まとめ

サビアンシンボル双子座23度は、
雛という自分たちの貴重なものを保護し、自由に世界に飛び立てるよう一人前にしている様子。

またそのように育てられている様子と感じられます。

内と外。夢見る雛の好奇心も感じ取れます。

双子座23度のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

仲間と共に自分の望む自由な世界へ

イメージデータでオリジナルに感じてみる


枝・幹・葉・成長・広がる・高い・巨大・癒し・教育・信仰・天地を繋ぐ・根っこ


家・温もり・形・籠・器・家族・鳥・守る・育てる・丈夫・安全・雛・餌

3
数字・三位一体・三角・表現・子供


子供・赤ちゃん・保護・未熟・危険・可愛い・貴重・駆け出しの・未経験

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

雛というのはまだ駆け出しということで、日々の生活に当てはめてみますと、

なんでも1からのスタートだということですね。

私もお尻が重たく、1からのスタートさえ踏ん切りがつかないです。

でもそれではいつまででも一人前にはならないとサビアンシンボルで気づかされました。

雛はもう準備が出来ている様子。

ちょっとした行動が、一人前に繋がり、
それは毎日普通にしている行動も一人前に繋がる行動。

また雛は無邪気で可愛いですね。

そんな愛嬌ある人でありたいとも励まされました。

気になるシンボルの意味


木というのは、癒しとも関連あります。
森ですね。

寄り添うものですとか、安らぎ、育む。

また、高い木ですと、天と地を繋ぐものとしてのイメージも出てきます。

10天体を双子座23度で感じてみる

太陽
純粋さを保ちながら知的好奇心を働かせている雛鳥


飛び立てる日にワクワクする

水星
高い知性

金星
雛という愛嬌ある美

火星
純粋な気持ちから好奇心を生みだす

木星
自由な世界へ

土星
時間の経過とともに成長している自分を感じる

天王星
飛び立つ時の自分の気持ちの変化

海王星
巣の中と異次元の入り口

冥王星
はるか遠く見えなくなるまで

ドデカテモリー

水瓶座・魚座

区分から感じてみる

大元の星座 双子座
男性性・柔軟宮・風

ドデカテモリー1 水瓶座
男性性・不動宮・風

ドデカテモリー2 魚座
女性性・柔軟宮・水

鳥というのは、空を飛び広い視野でみること。
風を切るように飛ぶ生き物。

育てるのは、柔軟宮の持続性と子供の立場を考えて教育するという柔軟宮にも当てはまります。

分析あれこれ

鳥はたくさん出てきますが、雛という特定されていますので、ここでは雛を取り上げますね。

牡羊座30度『アヒルの雛』
牡羊座30度『アヒルの池とその雛』

私たちは、親や周りの大人たちから教わり成長します。

その大人たも・・

大人たちが培ってきたものを、雛たちに与える循環作用が見られます。

双子座の雛は、そういった事も踏まえて読まれますと、自分たちのように労働者という立場では無く、もっと高い地位にという親心も感じ取れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です