【Gem22】双子座22度『気分変え楽しいひと時を過ごし運気上昇させる』

サビアンシンボル双子座22度
『A barn dance』
バーンダンス

サビアンシンボル解釈

バーンダンスとは?

Wikipediaによりますと、昔ながらの民族舞踊と書いてあります。

スコットランドやアイルランドの流れがあるダンスで、家族や仲間達と気軽に踊る感じのダンスのようです。

ダンスの形式は、簡単な型を覚えて、パートナーを組んで踊ります。

そしてパートナーが次々に変わっていくという流れです。

双子座21度で労働者のデモがあり、ひと段落したのでしょうか?
双子座21度『A labor demonstration』労働者のデモ

こういう楽しみもないとやってられません。

パートナーが次々に変わるということは、お目当ての人とダンスを踊れるかも知れませんね。

で、アイコンタクトでお互いの気持ちを確かめたり、言葉交わしたりと、恋人を見つけたりもして・・

これを双子座に当てはめますと、ダンスは、風のように踊ります。

そして、次々にパートナーが変わるというのは、コミュニケーションや情報と捉えられます。

また、パートナーが変わるというのは好奇心を駆り立てるものでもあります。

ダンスは、敏感に曲に合わせて踊りますから、そんなところでも双子座気質は感じます。

双子座気質を発揮して、自分好みの人を選ぶという流れも見えてきますね。

また、旅するように人を渡りあるくのも見えます。

牡羊座22度では、個人の願いでした。
自分の願いを叶える庭でした。
牡羊座22度『欲望の庭へ続く門』

牡牛座22度は、欲より愛を前面にだしたサビアンシンボルでした。
牡牛座22度『White dove over troubled waters』荒れた水の上を飛ぶ白い鳩

そんな流れからしますと、お互いの気持ちを確かめるという流れも感じます。

楽しいひと時です。

また、このバーンダンスには『コーラ』という存在があります。

この『コーラ』は、ダンスを踊りを指導したり、ダンスの流れを見て、指示したりする人です。

ダンスを踊る人は、ダンスに集中しますし、周りが見えないです。

こうした『コーラ』がいることにより、スムーズにダンスを踊れ楽しむ事が出来るのです。

この『コーラ』の存在が水瓶座的な役割を示していまして、広い視野から全体を見るという気質に繋がります。

またダンスもパートナーが変わるという事から、個人的な束縛を嫌がる水瓶座的な気質を感じます。

団結しながらも、個人個人肯定し合って生きる、水瓶座。

双子座気質と広く物事を見る水瓶座の気質が混ざり合います。

また、『barn』が、納屋と訳されますから、広い空間とも取れます。

納屋があるのは比較的田舎の地域になります。

ですから、収穫を終えて、一段落した祝いでもあるかなとも考えられます。

忙しい時期には中々会えないものです。

また出稼ぎに行っている人が帰ってきたりもするでしょう。

普段会えない仲間とも会える喜びもありますね。

そんな仲間からの情報も楽しみながらもあるんだと思います。

また、先程も出てきた広い空間を考えてみますと、双子座21度で不満を吐き出しました。

それによる内なる空間を占めていたものがなくなったと捉える事も出来ます。

つまり解放させたという事で、新たなものが入ってくる。

この場合は、ダンスからの情報や出会いです。

自分の中にある不満はエネルギー的には低いものです。

そんなエネルギーを解放させますと、潜在意識にも繋がり易いでしょう。

気持ちのいいエネルギーが入ってきて、循環作用も活発化し、良い方向に流れるとも感じられます。

続く双子座23度『Three fledglings in a nest high in a tree』木の高いところにある巣の中の3羽の雛

まとめ

サビアンシンボル双子座22度は、
前回双子座21度で不満を吐き出した事により、良い流れを掴んだという意味があります。

また、普段から気になっている人との交流もあるような・・

さらには、ダンスというチームワークを維持しながら、個人個人は一定間隔を保ちながら、お互い肯定し合って、ルールを守る。

そんな状況が見えるサビアンシンボルです。

双子座22度のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

団体のルールを崩さず、相手を尊重し、風のように状況を読む

イメージデータでオリジナルに感じてみる

バーンダンス
動き・曲・パターン・パートナー・次々変化・踊る・アイコンタクト・出会い・会話・リズム・見渡す人・グループ

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

ダンスですよ、ダンス。

学生時代は、この手のダンスを授業でやりました。

今の時代はするのかどうかわかりませんが、気になる人の順番を数えたりしましたね。

良い想い出になっています。

ダンスに限らず、次々に入れ替わるのは、良いものも悪いものも次々に入れ替わるという事です。

それを分別して、さらりと流すという事で、心の持ちようは変わってくるかも?!

なんて、このサビアンシンボルを読んで感じました。

また、引き寄せ?
私はあまり理解出来ていませんが、
不要なもの出すと、スッキリして良いものが入ってきやすいなとサビアンシンボルの流れから感じましたね。

ですので、区切りやスッキリさせるというのも、流れを変えるコツなんだと、自分に言い聞かせたりもしましたね。

気になるシンボルの意味


バーンダンス

ダンスは、どこでも気軽に仲間と踊れるものです。

そう、人が集まり簡単なダンスなら、合わせてすぐに踊れます。

手ぶらで、シンプルな方法で、人と人をつなげる役割。

お金なんて関係ない!

今あるもので充分だという事。

恥ずかしがり屋さんでも、ダンスを踊り、その中からキッカケを作る事も出来るのです。

今の時代はネット。

昔はこういうダンスで出会いを求めたのかも知れませんね。

10天体を双子座22度で感じてみる

太陽
仲間達と楽しく踊る


トキメキ

水星
コミュニケーションの仕方

金星
踊りのセンス、感性

火星
気になる相手に近づくチャンス

木星
仕事をして感じる成長とご褒美をダンスで感じる

土星
労働を終えて至福を噛みしめる

天王星
団結さの中にも肯定し合う

海王星
ダンスで喜びを分かち合う

冥王星
デモという『死』から生き甲斐を感じる『再生』のダンスへ

ドデカテモリー

水瓶座

区分から感じてみる

大元の星座 双子座
男性性・柔軟宮・風

ドデカテモリー 水瓶座
男性性・不動宮・風

風のエレメントの爽やかな気分が、曲に乗って、人の気持ちも軽やかにさせる。

そんな意味もありそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です