【Gem20】双子座20度『様々な情報が行き交う場所』

サビアンシンボル双子座20度
『A cafeteria』
カフェテリア

サビアンシンボル解釈

さあ区切りの20度に入ってきました。

カフェテリアとは、トレーに自分が好きな料理を取り、会計を済ませて、食事をする、セルフサービス型の食堂のことになります。

カフェテリアには、様々な料理が並ぶということは、提供出来る料理が豊富だという事です。

双子座からしますと、情報が豊富だとも言えますね。

また、このカフェテリアに来る人のニーズに答えて、人気の品物を提供しているとも言えます。

珍味ではなく、一般受けするもので、それほど高くないものが予想されます。

みんなのおサイフ事情も考え、コストも考えて、その辺は、商いの双子座。

さすがです。

自らお客様自身が並べられた料理を取るという事で、従業員はそこに並べるだけですので、調理と一緒に並べたらいいのですから、人件費も安上がりになります。

お客様は、自由に好きなものを、店側は人件費の削減と。

こういう結果を考えて安定した経営状態に持っていく、結果が出やすい状況を考えるというのは、山羊座の気質だと考えられます。

目の前にいくつも好きなものが並んでいます。

どれにしようかと悩みますが、今食べたいものを自由に選べるのは魅力的ですね。

それは、情報の選択とも言えるのではないでしょうか。

選択の自由は、自己責任とも取れますが、双子座は知的好奇心で、とりあえず情報を捕まえるのが好きなのです。

自由に選べるのは、自由な旅のようです。

また、カフェテリアでは、いろんな人がいらっしゃいます。

食堂ですから、食べものでストレス発散したり、見ず知らずの人とも交流がうまれるかも知れません。

またカフェテリアは広い空間です。

その広い空間は、社会と捉えてられます。

そんな自由な社会で、自由に好奇心から好きな食べ物(情報)を、今欲しい情報を取り、食事として自分の中で吸収します。

そして、隣の人の食べ物もやっぱり美味しいそうという好奇心から、気軽に話しかけて、会話に繋げていくという風景も感じ取れます。

情報の交換ですね。

そこには、部署がちがう、普段すれ違わない人との交流もあるでしょう。

垣根を超えた情報やコミュニケーションというのも見えてきます。

そして蓄え、新しいものに繋げていくのです。

カフェテリアは、社会の中で寛げて安心出来る場所とも取れます。

続く双子座21度『A labor demonstration』労働者のデモ

まとめ

サビアンシンボル双子座20度は、
社会で生きる為に、情報が集まるところに出向き、横社会での繋がりや、知的好奇心を揺さぶるものは身近にあるという再発見をするサビアンシンボルと感じます。

また、工夫次第でいくらでも情報は集まり、商いをする基盤は整えられるという意味もあります。

双子座20度のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

工夫次第で、いくらでも情報を活用できる事を知っている人・商い上手・横の繋がりを大切にする人

イメージデータでオリジナルに感じてみる

カフェテリア
食事・会話・セルフ・料理・好み・選ぶ・人気・手頃な価格・巡回・広さ・シンプル・提供・早い・コツ・横・繋がり・リラックス・状況・騒がしい

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

フードコートもカフェテリアの一種です。

まあ日曜なんかに行きますと、ごった返しています。

普段合わない家族連れの方々に遭遇します。

人の生活をちょっと観察出来る場所。

普段のリズムを崩さずに、近場で気軽に入れる場所ってあると思うんです。

人間ウォッチングしてみてみるのも、気づきのヒントになるかも知れません。

あと、買い物に行きますと、立ち寄る場所と寄らない場所とありますが、総合スーパーですと、案外入りやすいものです。

そこから刺激受けるのもいいんじゃないかと感じますね。

100均の品物を観察してみるのも面白いと思います。

金額の違いと使いやすさの比較ですとか・・

自分目線で、情報を捕まえにいく。

そんな風にしていきますと、あれ使える!ですとか、脳の感じ方も違ってくると思います。

気になるシンボルの意味


カフェテリア
お客様が好きな食べ物を選択できるようにした食堂の形式です。

メニューがあって、指定された物を取るようなセルフサービスの場合も該当します。

学生食堂ですとか、社会食堂、またフードコートも上で書いたような感じであれば、該当します。

カフェテリアは、2つの意味があると思うんですね。

ひとつは、経営側

ひとつは、利用する側

この2つをドッキングするという事で、

双子座20度にサビアンシンボルが出て来ていると考えられます。

ひとつは経営側の利点や集まる人からの情報。

ひとつは利用する側の情報収集やコミュニケーションの場所として。

片方ではなく、両方考えるのがポイントかなと思います。

10天体を双子座20度で感じてみる

太陽
賑やかにコミュニケーション


くつろげる安心感

水星
情報をききつける・話題に乗る

金星
金銭感覚

火星
情報を行動力に変える

木星
情報を正確に知り、経営に活かす

土星
ルールをシンプルに考えてみる

天王星
目ざとい、発想の転換

海王星
情報の海の流れを感じる

冥王星
経営状態

ドデカテモリー

山羊座

区分から感じてみる

大元の星座 双子座
男性性・柔軟宮・風

ドデカテモリー 山羊座
女性性・活動宮・土

活動宮の積極的な行動と、守りの土のエレメントは、採算が取れるかという守りから入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です