【Cac14】蟹座14度『行く末を全うする力』

サビアンシンボル蟹座14度
『A very old man facing a vast dark space to the northeast』
北東の大きな暗い空間に向いているとても年をとった男

サビアンシンボル解釈

蟹座14度に入ります。

北東の大きな暗い空間とは、日の出前の暗い時間かな?と感じます。

太陽が出るのは『東』であり、聖書では、救世主が現れる方角としては『東』と言われています。
(牡羊座8度に書いています)
牡羊座8度『ストリーマー(飾り付けリボンやテープのようなもの)を風になびかせながら東に向いている大きな帽子』

なので、それよりも少しまえの時間帯とも考えられます。

この事からしますと、救世主が現れる前が一番辛い時間帯です。

ですので、大きな暗い空間とも一致しそうかなと思いました。

空を見上げ、まだだと思っているのかも知れません。

牡羊座からずっと解釈していまして、
14度は霊的エネルギーが強い度数と感じています。

もう歳を重ねて、早く起きてしまう習慣もついたのでしょうか。

知恵や体験をし尽くしたようにも思われる年齢とも言えます。

仲間たちと楽しく過ごした日々を思い出して眠れなかったのかも知れません。

また、周囲では最高年齢に達しているのかも知れません。

悟りの境地に至ったのかも知れません。

世が明けるというのは、自らの役目が地上では終わり、新たな霊的な活動に入るような雰囲気も感じます。

あちらの世界で仲間が待っているが、まだすべき事は残っていると思っているのかも知れません。

自分の役目が終わるまでそちらには行けない、悲しさも感じ取れますし、最後まで見届けなければいけないような雰囲気もありますね。

そんなとこれが暗い空間と意味されているのかも知れませんね。

またこの歳を取るという意味は、
生きた知恵の宝庫であり、生きた伝統という自らの立場を後世に残す為、生きているとも考えられます。

『男』と表現されていますから、行動や発言を通して、重鎮の扱いもされていたような感じもします。

また、この歳老いた老人は、前回蟹座13度に出てきます、親指とも取れます。

最後の最後まで私たちを支えるものとして。

それは後の世代も安全に過ごせるようにという親的な感情でもあります。

また、大地や自然と一体となっている気配もします。

岩となるまで・・

そんな想いが伝わってきます。

責任感のある老人の姿を感じずにはいられません。

想いの深さに涙が出てきました。

責任感は蟹座の気質にあります。

また深い遠く感じる空はドデカテモリー射手座です。

遠くを見つめる目。

どうぞ、このサビアンシンボルをお持ちの方、素晴らしい想いを持ちこの世界に生まれてきた事を感じて下さいね。

また、暗い空間ですから、静けさという意味もあります。

静かに考えてエネルギーを溜め込むという事もあるでしょう。

暗い空間とは、また目をつぶっているような感覚です。

目に見えるものではなく、人間に備わった他の感覚に頼る事も忘れずにとも伝えています。

20190817 追記
この歳老いた人物、精神的な大人とも取れます。
私が涙したのは、ある有名な人物と重なったから。
ですから、次が宴なのかなとも感じます。

まとめ

サビアンシンボル蟹座14度は、
暗く大きな空間を向いている老人は、最後の最後まで自分の責任を果たすような姿を感じさせます。

どんなに辛い状況であってもその立場からは離れない、深い心と射手座的な壮大な力を感じます。

蟹座14度のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

責任を全うする人。慈愛の人。

他の感覚にも鋭い人。

イメージデータでオリジナルに感じてみる

北東
夜明け前・方角・地軸

大きな暗い空間
闇・夜明け前・責任・重圧・その先・忍耐・全う

年をとった
知恵・経験・感覚・一体化・自然・ゆったり


外・意欲・放出・大胆・統率・リーダー・快活・行動・肉体的・過激・明るい・光

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

大きな暗い空間って、夜だと思うんです。

夜は眠いので、昼でも、帰りでも空を見上げて見るのはいかがでしょう。

首の運動にもなりますね。

私も昨日ですが、面白い雲が無いかな?なんて空を見上げていました。

そんな程度でもいいですから・・
もしかしたら、龍雲なんか見れるかも?

気になるシンボルの意味


とても年をとった男

全てを観てきたような感じのする表現ですね。

対極の山羊座の度数の古代の浮き彫りと関係するような感じがします。

もう動く事もままならないような感じもします。

男は、比喩的な表現です。
霊的な意味での『時代』とも読めそうな感じもしますね。

サビアンシンボルは、雛型もあるような気がしています。

肉的な意味と霊的な意味と。

そして意味はたくさんあるとも感じます。

10天体を蟹座14度で感じてみる

太陽
時代の変化を見つめる


動じない心、夢の時間帯

水星
生きた知恵

金星
空間の色もまた美である

火星
争いごともいつかは過ぎる

木星
自由とは?その問いへ投げかける

土星
忍耐し見続けたもの

天王星
見つめる先

海王星
夢の中にいるような彷徨い

冥王星
かつてあったものを見つめる老人

ドデカテモリー

射手座

区分から感じてみる

大元の星座 蟹座
女性性・活動宮・水

ドデカテモリー 射手座
男性性・柔軟宮・水

時代を見続けてきた男が、全てを水に溶かして悟るような柔軟宮の気質をみる事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です