【Cac10】蟹座10度『成長に見合った仕上げにしていく』

サビアンシンボル蟹座10度
『A large diamond not completely cut』
完全にカットされていない大きなダイヤモンド

サビアンシンボル解釈

蟹座10度です。
区切りの位置に入りました。

ダイヤモンドが出てきましたね。

牡牛座23度は宝石店でしたが。
牡牛座23度『A jewelry shop』宝石店

ダイヤモンドは、美しい石で、眩い光を発します。

それは前回蟹座9度『水中の魚へと手を伸ばす小さな裸の少女』の水中の美しい光景と少女と重なりますね。
蟹座9度『A tiny nude miss reaching in the water for a fish』水中の魚へと手を伸ばす小さな裸の少女

透き通るか否かの際どい部分がとても魅力的に映ります。

しかも大きなダイヤモンドですから、完全にカットされるなら、人がそれを観に来て混雑が予想されます。

ダイヤモンドは、研磨剤にもなります。

ダイヤモンドを人と例えるなら、相手の心と自分の心を研ぎ合うものと考えられます。

また、ダイヤモンドは重いものです。

大きなダイヤモンドですから、さらに貴重なものと考えられます。

そんな貴重な体験をする事や、責任感ある事に対してあなたは遣わされるという風にも取れます。

また、大きなダイヤモンドですから、蟹座の神話となった、大きな蟹を思い出しました。

蟹座の人からしますと、微妙な話と言われますが・・

退治に行って、踏み潰される大きな蟹です。

死んだ後、天にのぼり蟹座となった話です。

殻が無くなり、守っていたものが無くなり、霊的に昇華出来る形になったとも考えられるのです。

使命を果たし、殻が無くなったと言えます。

蟹の話になってしまうのでこれぐらいにしておきますね。

ダイヤモンドですから、研磨には強いですが、ハンマーに叩かれますと粉々になります。

上から物を言われますと、心優しい蟹座は感情の揺れが激しいのか、砕かれるとも取れます。

さて、完全にカットされていないとは、何か意味深ですね。

完全ではないというのは、成長する分野がまだあり、今一息つけたところで、休憩後にまたカットをしていきましょうという感じです。

急いでカットしても後悔すれば・・

しかもダイヤモンドです。

ひとつひとつ丁寧に、カットし、見栄えですとか、総合的に煌びやかにするためには、一度離れて見て、考えてみるのもありだと思うのです。

これはドデカテモリー天秤座の気質ですね。

また、光を返しますから、相手の想いを受けると同時に想いを相手に伝えたり、角度を変えて相手に返すということも考えられます。

ストレートに返事するのではなく、自分の中の感受性を輝きを持って相手に伝える。

美しい状態にして相手に真心を込めるとでもいいましょうか。

そんな愛情を感じます。

行く末が楽しみなサビアンシンボルです。

20191018 追記
完全にカットされてないというのは、この肉体での成長を表します。

ダイヤモンドですから輝きが一際違います。

上からの情報を浴びて成長しそれを人によって他の方々も成長するという意味もあります。

痛みがわかる方なのですよ。

そしてカットは自由選択を表していますから、あなたらしくカットされます。

まとめ

サビアンシンボル蟹座10度は、
カットの途中というダイヤモンドの原石です。
いろんな角度から輝きを放てるように、丁寧に研磨されています。

私たちの内面も美しく成長出来るように日々精進しているのと同じです。

原石は大きく、期待されたものです。

美しく成長し、人々に眩い光を返す、そんな人となれますようにというサビアンシンボルは伝えています。

蟹座10度のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

期待されている人。
美しい言葉や仕草で相手にとって輝きを放つ人。

完璧ではないところがあなたの魅力。

相手の負担にならない心の持ち主

イメージデータでオリジナルに感じてみる

ダイヤモンド
輝き・研磨・貴重・魅力・石・カット

完全にカットされていない
途中・中断・変更・経過・

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

私たちは皆原石であり、綺麗なものです。

磨くのはあなた!

自画自賛のあなたに仕上げましょう。

気になるシンボルの意味


ダイヤモンド
ダイヤモンドの割れ方は、正八面体の面に対して平行に割れるので、非常に均一で整った形になり、それも魅力のひとつなんです。

双子座3度のテュイルリー庭園に出てきました、シンメトリー効果というのも個人的にはあるような感じもします。
双子座3度『The garden of the Tuileries』テュイルリー庭園

しかし、見事に正八面体に割れるとは、
これまた神秘な事で、これを深く追求しますと、この蟹座10度の意味も深まるとも感じます。
Wikipedia へき開

いびつではなく、完全な全方向に割れるダイヤモンド。

それは、未知な世界にも対応出来る能力を本能的に持っているという現れです。

10天体を蟹座10度で感じてみる

太陽
キラキラ光り成長する


心はいつも輝いている

水星
知性が輝く

金星
魅惑の光輝くもの

火星
行動に光輝く

木星
成功や成長を感じて輝いている

土星
結果を信じて今輝いている

天王星
違う角度から光が当てられて、輝きをます

海王星
海の中に溶け込む光のように、美しく人の心に溶け込む

冥王星
人と人が研ぐ

ドデカテモリー

天秤座

区分から感じてみる

大元の星座 蟹座
女性性・活動宮・水

ドデカテモリー 天秤座
男性性・活動宮・風

天秤座の風のエレメントのように、視点を変えて輝きを増していき、成長していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です