【Ari30】牡羊座30度『自分の成長を顧みる』

サビアンシンボル牡羊座30度
『A duck pond and its brood』
アヒルの池とその雛

サビアンシンボル解釈

牡羊座29度 天球の音楽隊が歌っている

牡羊座最期の30度ですね。

しかも、牡羊座1度で水が出てきましたが、牡羊座30度でも水が出てきます。
牡羊座1度『女性が水からあがり、アザラシも上がり彼女を抱く』

海から池という事で、大いなる出発の海ではなく、人間の内部の新たな出発を経験する意味を持っています。

ひながいるというのは、世代ですとか、親の心境などを意味します。

自分も親になったのだという自覚とともに、ひなの世話をして、改めて親のありがたみを感じるのです。

守らなくてはいけないものが出てきたという新しい視点がみえます。

また、ひなを見て自分の子供時代を懐かしく感じるのかも知れません。

成長して改めて振り返るそのようなサビアンシンボルの意味を感じます。

また、雛がいるということは、生態系の循環を意味しています。

アヒルはアヒルという生き物で、役割があります。

自分の役割や居場所などについても考えさせられます。

また池が出てきますから、本来の自分の場所に帰るというのもあるでしょう。

また、アヒルは家禽です。食用としても、また羽毛としても使用されます。

人が利用するために飼われるのですが、形を変えるという意味も隠されています。

また、アヒルの色は白、まっさらな状態です。

純粋な気持ちで還っていく意味もありますね。

アヒルは、基本的に喜怒哀楽がはっきりとしている生き物で、人懐っこいわかりやすい生き物なんです。

純真な心と、割合はっきりした喜怒哀楽は、牡羊座の気質ですね。

20200521 追記
牡羊座1度・30度と水が関係しています。
30度は中に入らずに周りにあるイチ風景。
牡羊座1度は分離を指しているように感じます。
その池には戻らず個として成長していく様。
分離は続きますが、それは必要な体験として30度の意味がありそうな。

牡牛座1度『清らかな山の小川』

まとめ

サビアンシンボル牡羊座30度は、
成長した過程を振り返ります。

親子ですから、成長をし子供を守るという生態系の一環を表しています。

自分の役割ですとか、持ち味などや特質など自分に見合ったものを考える、そんなサビアンシンボルの意味があります。

ですから本来の居場所に立ち返るような意味もあります。

牡羊座30度のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

成長して本来の居場所や役割を知る人

イメージデータでオリジナルに感じてみる

アヒル
鳥・泣き声・池・童話・水と空・家禽・羽毛・人に利用される・食用・水遊び・ほとんど飛べない・潜る


水溜り・境目・囲い・水・霊・生態系

ひな
幼い・保護・危ない・世話・可愛い・黄色・未経験

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

自分のこれまでの歩みを振り返ってみましょう。

ダメダメだったとは思わずに、自分が生きているだけでも、成長はするのです。

辛い時の感情をどうやって乗り越えてきたか、または耐えた日々のことは、他の人に接する時に、思いやりを示すことに繋がります。

自分が些細なことと思っていても、人から見れば凄いことに沢山あります。

毎日続けている努力ですとか、ちょっとした事を今日はアレンジしてやってみようという挑戦力も、積み重ねれば大きな財産になります。

私の居場所ってこんなもの?と思う人がいるかも知れません。

しかし、そこで力が十分に発揮出来なければ、他の居場所に行ってもあなたらしい力が発揮出来るでしょうか?

まずは置かれた自分の居場所を工夫して楽しんで下さいね。

無茶振りはだめですが、アヒルのように喜怒哀楽をはっきりするのもよし!です。

※あくまでも一例なので、あなたらしく
メッセージを感じて下さい。

気になるシンボルの意味

アヒル
元々はマガモです。

マガモを家禽にしました。

およそ1900年前にローマが始まりとされています。

肉は大変美味しいものですし、マガモがやって来る時期は限られています。

ですから、家禽となるのは流れだったのでしょうね。

それにアヒルの寿命は5〜20年と言われています。
年間200個の卵を産み、成長が早い鳥なので、重宝されるのだと思います。

また、いろんなものを食べますから、その点手がかからない生き物ですので、飼いやすいのだと感じます。

雛から育てると、大変人懐っこく育ち、食用としてではなくペットとして飼われるようです。

人が生きるために家禽として飼われたアヒル。

生態系を壊さずに適応できたのが幸いだったのかも知れませんね。

ですから、このサビアンシンボルには、生態系を壊さず共存の意味もあるように感じます。

10天体を牡羊座30度で感じてみる

太陽
見守る


人懐っこい

水星
親子のコミュニケーション

金星
愛情表現

火星
喜怒哀楽

木星
成長を受け止める

土星
過程を振り返る

天王星
色んな方向に敏感

海王星
辿ってきた道であり子の気持ちを考えて見守る姿

冥王星
生態系

ドデカテモリー

魚座

区分から感じてみる

大元の星座 牡羊座
男性性・活動宮・火

ドデカテモリー 魚座
女性性・柔軟宮・水

女性性・柔軟宮・水という、感情面や寄り添うことなど子を見守る優しさなどが
区分に表れています。

分析あれこれ

今回アヒルが出てきましたが、鳥というシンボルは他では

牡羊座12度『雁の群れ』

牡羊座20度『冬に鳥に餌をあげる若い少女』
牡牛座22度『荒れた水の上を飛ぶ白い鳩』

などがありますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です