【Ari12】牡羊座12度『助け合いは自然の摂理』

サビアンシンボル牡羊座12度
『A flock of wild geese』
雁の群れ

サビアンシンボル解釈

牡羊座11度 国家の支配者

前回の牡羊座11度では自分や相手を肯定する事を学びました。

牡羊座12度では雁の群れが出てきます。

どう繋がるのでしょうか。

雁はV字型で群れをなして飛びます。

なぜV字なのかといいますと、真後ろでは空気抵抗がきついからだと言われています。

これを斜めにする事によって、後ろの雁は体力の消耗も少なく楽に飛べます。

また、先頭が疲れてきますと、体力のある雁が先頭に立ち、互いに長距離を飛べる体制を整えています。

自然の中には誰にも教わらないで身を守る術が隠されているのですよね。

ここになぜ雁の群れが出てくるのか考えますと、お互い我が身のように考えて行動するようにサビアンシンボルでは伝えているように感じるのです。

また、このV字型飛行は空気抵抗の関係で、V字から外れそうになっても、元の位置に戻り易くて、形が崩れにくいとも言われているのです。

つまり余計な事を考えずに、自然に任せて飛べば、仲間たちとも外れずに楽に飛べるのだという意味なんです。

という事は、お互いに尊重し合っていて、仲間を想う気持ちがあれば、自然と仲間意識が出来て、纏まるという意味にも取れますね。

さらに、自分が不得手なものは、相手に任せてそれぞれの得意分野で1つのチームを作り、お互いに過ごしやすい環境を整えていくというのも感じられます。

牡羊座13度『成功しなかった爆弾の爆発』

まとめ

サビアンシンボル牡羊座12度は、
いかに工夫して身を守るか。

時にはリーダーとなり、時には後方に行きエネルギーを分散させながら仲間を大切にしていくこと。

持続性を保つには…などのイメージが感じ取られます。

また、得意分野でお互いに過ごし易い環境を得るというイメージもあります。

牡羊座12度のサビアンシンボルを持つ人のイメージ

仲間想いの人だと感じます。

イメージデータでオリジナルに感じてみる

雁の群れ
警戒・狩猟・国境越え・鳥・群れをなす
草食・V字に群れをなして飛ぶ
(上昇気流に乗り省エネルギーで飛ぶ)
ある程度大きい鳥・規則正しい
自然に・豊饒・家庭・高貴・結ぶ

※あくまでも一例です。

日々の生活で当てはめてみる

雁の群れを見た時は勿論です。
ニンマリして下さいね。

観れない地域もありますから、その地域に住んでおられる方々は、手でVサイン作って見ましょう。

あと口角を上げるのも、Vサインですからね。
何でも良いのです。

箸でVサインを作ってもいいんです。

そんな些細な事で、星が励ましているのかと感じるかもしれません。

でもそういうちょっとした事に笑いながらやってみようかなという気持ちが、エネルギーとなって、自然界と調和するのですよ。

至ってシンプルなんです。

Vサイン作ってみようかなと思う時点で、このサビアンシンボルを意識している証拠なのです。

感じたい・繋がりたいと思うあなたの意識が、そこにはあるのです。

また、太陽が東から出て西に向かう、そんな自然現象に規則性を感じて見るのもいいと思います。

さらには、規則正しい毎日を過ごしてるなと思う事でもいいんです。

家族が助け合いながら、家の用事を分担している事にも気を留めたりするなど、意識してみるのも有りですね。

お陰様でという感謝の気持ちが表れてくるかと思います。

そんな気持ちで過ごしてみる一日であって欲しいとサビアンシンボルは伝えているような気がします。

安らぎを感じて下さいね。

※あくまでも一例なので、あなたらしく
メッセージを感じて下さい。

気になるシンボルの意味


雁は越境してきますが、どれくらい旅をするのでしょうか。

日本にくるマガンで調べてみますと、
マガンは65センチ程で
(翼を広げると135〜165センチ)
毎年4千キロの旅をするそうです。

地球1周が4万キロですから、その10分の1です。

しかも期間は限られています。

『燃料+飛行距離+期限』を考えますと、かなり省エネで体力温存しながらでないと無理なんですね。

それをやってのける雁って凄いなと思います。

数的にも合理的な数で飛んでいると思われます。

しかも美しい形ですよね。

鳥は鳥で自然と身を守る術をどこで身に付けたのか不思議です。

10天体を牡羊座12度で感じてみる

太陽
リーダー


家庭

水星
旅の知恵

金星
見た目の美しさ

火星
抵抗力

木星
それぞれの領域で力を出す

土星
規則正しい

天王星
エネルギーの使い方

海王星
結ぶ

冥王星
自然の摂理

ドデカテモリー

獅子座

区分から感じてみる

大元の星座 牡羊座
男性性・活動宮・火

ドデカテモリー 獅子座
男性性・不動宮・火

男性性ですからお互いにリーダーとなり群れを引っ張っていく姿。

お互いに助け合う心で、何のやましさもなく、それ以外にどんな道があるのかという事を考えさせられるサビアンシンボルだと感じます。

分析あれこれ

雁が出てきましたが、鳥繋がりで、
牡羊座20度『冬に鳥に餌をあげる若い少女』

牡羊座30度『アヒルの池とその雛』

牡牛座22度『荒れた水の上を飛ぶ白い鳩』

などがありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です